李特兄弟の前半生1

『晋書』巻一百二十、李特載記
特少仕州郡,見異當時,身長八尺,雄武善騎射,沈毅有大度。

李特は若くして州や郡に仕えました。
当時の李特は既に略陽郡・臨渭県の人なので、雍州(又は秦州)や略陽郡(なら広魏郡)に属する仕事に就いたのでしょう。

『晋書』巻一百二十、李特載記
特父慕為東羌獵將。

さて、父の李慕は「東羌猟将」となりました。謎の官位ですが、四男の李流の記録から薄っすらと予想がつきます。

『晋書』巻一百二十、李流載記
李流字玄通,特第四弟也。少好學,便弓馬,東羌校尉何攀稱流有賁育之勇,舉為東羌督。

248年生まれの李流西晋の東羌校尉何攀に評価され、「東羌督」に推挙されました。

東羌校尉は末の鄧艾が就任して以来、隴右の軍官として置かれ、秦州刺史の杜預が兼ねたり、恵帝の前期で馬隆何攀孟観が就任したりしています。
何攀が東羌校尉だったのは290年代前半。李流は40代で東羌校尉が管轄する東羌督に就任したものと思われます。

李慕の東羌猟将も東羌校尉が関わる官職でしょう。鄧艾が拝命したものが最初の東羌校尉なら、255年以降となります。
(旧来の「東羌」はおおよそ「安定郡の北や東の羌族」を指しているので、略陽の彼らが関わるなら隴右/秦州に置かれた「東羌校尉」絡みでしょう)


李特に話を戻すと「少仕州郡」なので、時期は10代か20代、ギリギリ30代から?
李特の生年は不明ですが、おそらく230年代か240年代前半。
よって州郡で働いたのは、生年と出仕が早い組み合わせなら240年代後半、遅い組み合わせなら280年頃ですが、李慕のことを考慮しますと、早くても250年代後半ではないでしょうか。
(仮に241年生まれで25歳出仕なら、265年に出仕)

出仕が早い場合は、鄧艾による隴右の立て直しや蜀漢との戦いに関与できるタイミング。
遅ければ西晋の秦州分離や「樹機能の乱」による西部の混乱の中で州郡に仕えることになります。
その後が、隴右が一段落ついてから「斉万年の乱」で再び荒れるまでの間の時期。

また、李特は274年までに息子が3人生まれ、288年までに4人以上の孫ができました。


李特の一族は西晋に仕え、住んでいた隴右の動乱を乗り越え、子孫にも恵まれました。
本来ならそのまま一生を終えるはずでしたが・・・。

タグ:成漢

李特5兄弟の年齢

李輔李特李庠李流李驤の5兄弟の生年はいつでしょうか。

没年・享年から計算して生年が割り出せる親族は以下の通り。
三男李庠が247年生まれ。
四男李流が248年生まれ。

次男李特の三男李雄が274年生まれ。
五男李驤の子の李寿が300年生まれ。

次男李特の次男李蕩の四男の李班が288年生まれ。
次男李特の三男李雄の四男の李期が314年生まれ。


まず、五男の李驤の生年は248年以降であり、250年代生まれの可能性が高いでしょう。この場合は、李寿李驤が40代の時の子供。
これより後なら四男と五男の年齢差が12歳を超えてしまいます。ただ、260年代までなら22歳差で異母兄弟ならありえる範囲。
ただ、李驤李特称制の時に驍騎将軍として兄弟や甥よりも(魏晋の制度で)明らかに格下の将軍号を授かっており、けっこう若手だったと考えられる材料はあります。


次に李輔李特の生年は247年以前。
(よって李特が28歳以上の時に三男の李雄が誕生)

「李蕩の生年」で、李特の次男である李蕩の生年は260年代後半から270年前後の可能性が高いと推定しました。
また、李蕩李雄の母であり、李特の妻である羅氏は250年代生まれでないと厳しい逸話があることも述べました。

李輔李特は共に303年まで戦場に出ています。
当時80歳以下なら生年は224年~247年の間。
当時65歳以下なら生年は239年~247年の間。

もし李特の生年を231年とすると、次男李蕩が30代後半頃に生まれ、三男李雄が45歳の時に生まれ、71歳~73歳の時に益州で戦ったことになります。
もし李特の生年を241年とすると、次男李蕩が20代後半頃に生まれ、三男李雄が35歳の時に生まれ、61歳~63歳の時に益州で戦ったことになります。
(参考として、李雄はその四男の李期より40歳年長)

李特の生年は241年±5年の236年~246年の間ぐらいで、李輔はその数歳~10歳ぐらい年長なら高齢過ぎないでしょう。
この場合、李特羅氏(おそらく後妻)より5歳~20歳ぐらい年長ですね。


生年をちょっと若めに想定すると、
長男の李輔が240年前後生まれ?
次男の李特が240年代前半生まれ?
三男の李庠が247年生まれ。
四男の李流が248年生まれ。
五男の李驤が250年代生まれ?

上限下限はここから10歳広げたぐらいでしょう。

タグ:成漢

李蕩の生年

李特の次男の李蕩李雄の同母兄であり、成漢2代目君主となった李班の父でした。
この李蕩は、没年はわかりますが享年の情報が無く、生年不詳です。

算出可能な生年のある親族から絞り込んでみましょう。

まず、同母弟の李雄が274年生まれ。
(14ヶ月して誕生という聖人じみた逸話があります)
李蕩の生年は最も近くて同年(の春)ですが、普通に考えて前年以前の可能性が高いでしょう。

彼らの年齢差は同母兄弟なので余り大きくはないでしょう。
仮に李蕩は「同母弟李雄との年齢差が14歳以内」とすると、生年は260年~273年の間。

次に、李蕩の四男の李班が288年生まれです。
上記の仮定ならば、李蕩李班父子の年齢差は、15歳~28歳の間。
しかし李班の上に3人の兄がいることを思えば、父の李蕩の生年の下限はもっと早い可能性が高いでしょう。
(仮に李班より長兄の李琀が3歳年長とし、父がその15歳以上年長とすると、李蕩の生年は270年以前)

最後に、生母の羅氏が303年に鎧を着て自ら(負傷しながらも)戦っており、その時に高齢過ぎないはず。
例えば当時55歳以下なら生年は249年以降となり、それで初産が数え年15歳以降なら李蕩の誕生は263年以降でしょう。


生年が264年以前なら、同母弟との年齢差が11歳以上となり、母が50代後半以上で重装で戦ったことになります。
生年が272年以降なら、数え年17歳(満年齢で15歳か16歳)以下で4人以上の子供がいたことになります。


以上を考慮しますと、李蕩の生年は260年代後半から270年前後の可能性が高いでしょう。

例えば、李蕩が同母弟の李雄の5歳年長とすると、生年は269年、20歳の時に四男が生まれ、32歳~34歳の時に益州で奮戦。そして母の羅氏は250年代前半ぐらいが生年で、10代後半で李蕩、20代前半で李雄を産み、50歳前後で戦闘にも参加。
だいたい、そんなところでしょうね。

タグ:成漢

中国史のお供に、中国史人物事典はいかがですか?

中国史は長く、また情報量も多く、それぞれの時代で有名な基本的な事柄や主要な人物だけでも全体を網羅しようとするとかなり大変です。
事柄なら身近な教科書や概説書で広い範囲をある程度カバーできますが、歴史趣味のメジャーな楽しみである人物については「時代」「人数」「情報量」のどれかを絞らないと現実的な分量になりません。

ウィキペディアの記事は年々充実してきており、玉石混交で騙されることもありますが、様々な時代の人物について手軽に調べられる大きなメリットがあります。ありがたいことです。

ウィキペディア以外で「様々な時代の人物について手軽に見られるサイト」といえば、以下の2つがオススメです。(久しく更新されていませんが、特に問題はないでしょう)

『枕流亭』
「中国史人物事典」 http://ww1.enjoy.ne.jp/~nagaichi/chuframe.html


『風篁楼』 http://home.t02.itscom.net/izn/ea/index.html


どちらも広範な時代を扱っており、何より人物ごとの情報量が程よいという点が素晴らしいです。

ウィキペディアは手軽でありがたいのですが、情報量が膨大な人物がいる一方で、君主クラスでも情報がほとんどない記事もあり、ムラがあります。
上記の2つのサイトでは記述が多すぎず、少なすぎず、情報の取捨選択が良い塩梅です。
(当ブログも手本にしたいと思い続けて随分経ちましたが、なかなか実践できていませんね)

私は色々な時代の入り口として10年以上お世話になっています。特に五胡十六国時代から五代十国に触れる上で楽しんだ記憶があります。

また、『枕流亭』には五胡十六国~隋末までの年表があり、『風篁楼』には三国志の多くの巻の訳文があります。私はこちらも今でも利用しています。


五胡十六国や五代十国などに触れたり、楽しんだりする時のお供にいかがでしょうか?

タグ:紹介

関羽「長生」と苻生・李暠・慕容熙

『三国志』巻三十六、関羽伝
關羽字雲長,本字長生,河東解人也。

関羽の字は「雲長」です。関雲長ここにあり!

名前と字は関係のある文字が使われることが多く(例外もありますが)、「羽」と「雲長」は繋がりがありそうな字面です。浅学な私は熟語や典拠が思いつきませんが。
ご意見募集中。

さて、関羽の本来の字は「長生」でした。長生き、長命。縁起の良さそうな名前ですね。

そして関羽の死から100年余り後、字が「長生」の大物が現れます。

『晋書』巻一百十二、苻生載記
(苻)生字長生,健第三子也。幼而無賴,祖洪甚惡之。生無一目,(中略)及長,力舉千鈞,雄勇好殺,手格猛獸,走及奔馬,擊刺騎射,冠絕一時。

前秦の2代目君主の苻生、字は「長生」。

苻生前秦を建国した氐族の苻健の三男。生まれつき片目がありませんでしたが、成人すると超人的な身体能力を持ち、武術・騎射に冠絶した武闘派となりました。

名付けに「生」と「長生」を使ったのは、生まれつき障害があったので長生きするようにという願いが込められていたのでしょうか。
あるいは幼い頃から(君主となった後も)無法で凶悪であり、祖父に嫌われ殺されかけたりしていることから、無事を願って付けたのかもしれません。
関羽由来なら面白いですね。

苻生は後に従兄弟の苻堅に殺され、前秦は名君苻堅により最盛期(と破滅)を迎えます。


苻生の父の苻健前秦を建国した頃、前涼でも「長生」が生まれます。

『北史』巻一百、序伝
子昶,字仲堅,幼有名譽,年十八而亡。建初中,追諡簡公。
涼武昭王暠字玄盛,小字長生,簡公昶之子也。遺腹而誕,祖母梁氏,親加撫育。

それこそが後に西涼を建てる李暠です。小字が「長生」。(字は玄盛)

李暠は父が数え年18歳の若さで死んだ後に生まれた遺腹の子であり、祖母によって養育されました。
小字(=幼名)の「長生」とは、そのような背景から長生きするように付けられたのでしょう。

やがて李暠は50歳の時に北涼から自立して西涼を建て、67歳まで生きました。
その後まもなく西涼は滅ぼされますが、子孫は北朝で栄え、その末裔という李淵を建てました。


そして、その李暠と同時代に君主に、小字が「長生」だった者がもう一人いました。

『魏書』巻九十五、徒何慕容廆伝、慕容熙
熙,字道文,小字長生,垂之少子也。

それが後燕4代目君主の慕容熙です。彼も小字が「長生」。(字は道文)

彼が生まれたのは苻生の50年後ですが、前秦が崩壊して各地で群雄が現れ。君主の苻堅が殺される戦乱の時代でした。
慕容熙の父の慕容垂後燕を建てて河北の争いを制しつつあり、小字の「長生」は乱世を乗り越えられるように、あるいは今後長らく繁栄するように、意味を込めて名付けたものかもしれませんね。
なお、彼ら鮮卑族は鮮卑名と呼べるような小字を付けることがありますが(父の慕容垂など)、これは漢人風です。

その後、慕容垂が亡くなり、後燕北魏に敗れて凋落する中を慕容熙は生き延び、遂に君主に擁立されましたが、失政や失策を繰り返して馮跋北燕建国者)によるクーデターで殺されました。


苻生の享年は23歳。慕容熙の享年は22歳。
彼らは字が「長生」でも長生きできなかった組ですね。
とはいえ、同じ字や小字で君主となった者が3人もいるのはかなり珍しいことでしょう。

タグ:蜀漢 前秦 西涼 後燕

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム