十六国の漢人国家

五胡十六国時代における漢人勢力として、「安定張氏の前涼」・「隴西李氏の西涼」・「長楽馮氏の北燕」が挙げられます。

前涼西涼の家臣は記録上ほぼ漢人のみ。(「漢化した胡人」か「そこらの漢人」か判断できない者も混ざっていそうですが)

一方、北燕には「明らかに漢人でない者」が漢人と同じような地位に就いており、胡人由来の官に宗室が就いていたりもします。
また、君主の小字が「乞直伐」で漢人風ではなく、親族にも何人か漢人風ではない名前の人物がいました。
そして2代目君主の皇后は慕容氏。

北燕前涼西涼に比べて、非漢人的な特徴があり、非漢人勢力を取り込んでいた理由の一つは、その立地でしょう。

前涼は漢人国家である西晋の一地方が生き残ったもの。支配者・官僚層も中核の領民も漢人です。「現地の漢人」だけでなく、「中原から逃げ込んできた漢人」も加わって国が成り立っていました。

前秦前涼を滅ぼすと、「前秦経由で入った非漢人」が新たに支配者・官僚層を形成するようになり、「従来の領内・近隣の非漢人」にも(前涼の旧領内で)勢力を伸ばす者が現れました。
(「前秦経由で入った漢人」もいます)
後涼前秦から分離し、生き残った勢力です。他の非漢人国家と同じく、非漢人と漢人が入り混じって官僚層を形成しており、「前秦経由で入った非漢人」「従来の領内・近隣の非漢人」「現地の漢人」「中原から逃げ込んできた漢人」「前秦経由で入った漢人」全てが参画していました(非漢人が優位)。
後涼が破綻し始めると、南涼北涼が自立。どちらも「従来の領内・近隣の非漢人」が君主でしたが、北涼は当初は「前秦経由で入った漢人」を担ぎ、その後も南涼よりは漢人を取り込んだ体制でした。(また、北涼の沮渠氏は南涼の禿髪氏よりも漢化が進んでいたようですね)

西涼は敦煌の漢人に支えられた国です。かつては漢人国家の最辺境だった敦煌も、中原で非漢人が流入・伸長するようになると、逆に中原の非漢人の影響を受けにくい土地として漢人勢力を保持できたようです。漢人主体で20年余り続きましたが、膠着状態を破れず、滅亡。
西涼の勃興は前涼が滅びて20~30年経った後でしたが、(敦煌以外も含む)当地の漢人・非漢人勢力のバランスはどうだったのでしょうね。

漢人主導で前涼が保った地域でも非漢人の影響力が増大し、それが漢人主導の西涼の興亡につながったと思われます。

そして北燕
北燕の領土の昌黎・遼東は前燕前秦後秦と非漢人が主導した国によって長らく統治された地域。その期間は約100年にも及びます。前燕の初期と後秦の後期には首都も置かれていました。
また、北燕後燕の後継国家であり、建国直後は(後燕と同じように)確実に臣民・将兵共に漢人・非漢人の両方で構成されていたはずです。
(ちなみに、後趙の後継国家の冉魏は建国前から非漢人の排除を進めており、ほぼ漢人の国家でしたが、それでも最終的に臣民に非漢人が残っていました)

そのような土地で非漢人(鮮卑族など)を排除するのは無理、無謀なこと。
北燕が漢人主導の国にしては非漢人的な要素が大きかったのも当然の流れでしょう。

タグ:前涼 西涼 北燕 後涼 南涼 北涼 前燕 後燕

魏晋南北30年、十六国編

興亡の激しい五胡十六国時代の30年は濃密です。残念ながら記録が残っておらず、部分的にしか分からないものも多いのですが。

前趙劉淵西晋の将軍として部族を率いた頃から約30年で建国と西晋撃破を成し遂げた末、自立した後趙により滅ぼされました。299年~329年。

後趙石勒が趙王に即位してから約30年で華北の覇者となり、滅亡の引き金となる君主石虎の死を迎えました。319年~349年。

成漢李雄の成都王即位から約30年で巴蜀を平定し、李雄の長き治世の終わりを迎えました。304年~334年。

前涼は4代目張駿の死から約30年で9代目張天錫の代となり、前秦に滅ぼされました。346年~376年。

前燕慕容皝の燕王即位から約33年で子の慕容儁の皇帝即位を経て、孫の慕容暐の代に前秦に滅ぼされました。337年~370年。

前秦は建国から約32年で3代目苻堅による華北統一を達成しますが、その崩壊の引き金となる淝水の大敗が起きました。351年~383年。

淝水の戦いから約30年で後燕後秦西秦後涼南涼北涼南燕西涼北燕などが建国され、後燕後涼南燕が滅亡しました。383年~413年。

前燕慕容垂は洛陽攻略に従軍してから約31年で前燕前秦の臣下時代を経て後燕を建国し、北魏征伐の帰路70歳で死去。365年~396年。

後秦は建国から約33年で3代の皇帝が立ち、関中・中原を支配しましたが、東晋劉裕により滅ぼされました。384年~417年。

前秦呂光が西域遠征に出てから約31年で、帰国した呂光による涼州・河西統一と後涼建国、自立した禿髪烏孤南涼沮渠蒙遜北涼李暠西涼の建国、そして後秦による後涼の滅亡と北涼西秦による南涼の滅亡がありました。383年~414年。

北涼沮渠蒙遜は君主となってから約32年で西涼を滅ぼして河西を統一し、北魏に称藩して涼王となり、66歳で死去。401年~433年。

西秦は2代目乞伏乾帰後秦に降伏してから約31年で再興して南涼などを平らげましたが、4代目乞伏慕末の代でにより滅亡しました。400年~431年。

北魏に敗れた劉衛辰が殺されてから約30年で息子の赫連勃勃を建国し、関中を得て皇帝となりましたが、3代目赫連定の代で北魏吐谷渾により滅亡しました。391年~431年。

北燕馮跋後燕で挙兵して慕容雲高雲)を立ててから約30年で北燕北魏によって滅亡し、2代目馮弘が高句麗で殺されました。407年~438年。

タグ:前趙 後趙 前涼 前燕 後燕 後秦 北涼 西秦 北燕 夏国

刪丹の再編

後漢から西晋にかけて、張掖郡から西郡が分割された他、いくつかの行政区画の再編もあったようです。

『後漢書』地理志五、涼州、張掖郡
張掖郡(故匈奴昆邪王地,武帝置。雒陽西四千二百里。獻帝分置西郡。)八城,戶六千五百五十二,口二萬六千四十。
觻得 昭武 刪丹(弱水出。) 氐池 屋蘭 日勒 驪靬 番和


『晋書』巻十四、地理志上、涼州
張掖郡 漢置。統縣三,戶三千七百。
永平 臨澤(漢昭武縣,避文帝諱改也。) 屋蘭(漢因屋蘭名焉。)
西郡 漢置。統縣五,戶一千九百。
日勒 刪丹 仙提 萬歲 蘭池


西晋では、
張掖郡は永平(觻得から改称)、臨澤(昭武から改称)、屋蘭の3県。
西郡は日勒、刪丹、仙提、万歳、蘭池の5県。
他、驪靬と番和は武威郡へ移動。

さて、上記を後漢と比較すると、氐池は消滅、代わりに蘭池・万歳・仙提が新設されています。

『旧唐書』巻四十、地理志三、十道郡国三、河西道、甘州
刪丹 漢縣,屬張掖郡。後漢分張掖置西海郡。晉分刪丹置蘭池、萬歲、仙提三縣。煬帝廢,併入刪丹。居延海、焉支山在縣界。刪丹山,即焉支山,語訛也。

『旧唐書』によると「蘭池・万歳・仙提」の3県は刪丹県から分離して置かれたもののようです。

氐池は少なくとも末や西晋初頭にあり、後涼以降にもありました。一方の蘭池は記録が少なく、

『晋書』巻八十六、張軌伝、張寔
蘭池長趙奭上軍士張冰得璽,文曰「皇帝璽」。

少なくとも西晋末期にはありましたが、どれほど続いていたか不明です。

刪丹が何らかの理由で一旦は氐池を吸収し、その後の再分割で「蘭池」として代わりに置いたものの、結局は氐池に戻ったとか?
西晋の張掖郡の県は改称が多く、刪丹はやたらと分割されています。「氐池」という名前を避けるために変則的な処分が行われた可能性はあるではないでしょうか?

タグ:前涼 地理

河西の金昌

『晋書』巻一百二十六、禿髪烏孤載記
曜兵廣武,攻克金城。光遣將軍竇苟來伐,戰于街亭,大敗之。


『晋書』巻十、安帝紀、隆安元年
二月,呂光將禿髮烏孤自稱大都督、大單于,國號南涼。擊光將竇苟于金昌,大破之。

南涼後涼竇苟を撃破した場所は「街亭」と「金昌」の2通りの記録があります。
果たして同じ地域を指しているのかどうか。

河西の「金昌」が他に見られるのは、前秦前涼征伐時です。

『資治通鑑』巻一百四、晋紀二十六、太元元年
八月,梁熙、姚萇、王統、李辯濟自清石津,攻涼驍烈將軍梁濟於河會城,降之。甲申,苟萇濟自石城津,與梁熙會攻纏縮城,拔之。馬建懼,自楊非退屯清塞。天錫又遣征東將軍掌據帥眾三萬軍于洪池,天錫自將餘眾五萬,軍于金昌城。(中略)苟萇使姚萇帥甲士三千為前驅。庚寅,馬建帥萬人迎降,餘兵皆散走。辛卯,苟萇及掌據戰于洪池,據兵敗,馬為亂兵所殺,(中略)癸巳,秦兵入清塞,天錫遣司兵趙充哲帥眾拒之。秦兵與充哲戰于赤岸,大破之,俘斬三萬八千級,充哲死。天錫出城自戰,城內又叛。天錫與數千騎奔還姑臧。

ここで河会城を突破した前秦軍に対して、前涼前線は楊非から清塞に後退し、また前涼君主が(姑臧から)金昌城に進みつつ、洪池に軍を出しています。続けて前秦の一部が洪池で勝利し、清塞に進み、赤岸で前涼君主軍の一部を撃破、前涼君主は姑臧に逃げ帰ることになりました。

資治通鑑の注釈から、河会城は允吾付近、楊非は支陽の東北。文中から金昌城は洪池や赤岸よりも北側で、これらは河会城や楊非よりも北。
ここから金昌城は広武と武威の間辺りでしょう。
「河西の金昌」は街亭とほぼ同地域を指しているとみてよいでしょうね

タグ:後涼 南涼 前涼 前秦 地理

張掖金沢県

呂光の三河王即位のきっかけとなった「麟」の出現は金沢県で起きました。(日本の地名と紛らわしいので、「金澤」と書いたほうが良かったかもしれませんが、とりあえずこのままいきます)

この「金沢県」がどこにあったかといえば、

『芸文類聚』巻九十八、祥瑞部上、麟
『涼州記』
呂光時,張掖金澤有麟見,群獸皆從,改年麟嘉。

張掖郡でした。
張掖は河西中部の北側の郡。後には長らく北涼の本拠地(にして唯一の勢力圏)となりました。

『太平御覧』巻一百二十四、偏霸部八、張駿
崔鴻『十六国春秋・前涼録』
十九年八月,田于建西,逾玉右縣。九月,改玉右縣為金澤縣。

この「金沢県」おそらく331年に前涼で設置されたもののようです。

なお、前身の県の名前は「玉右県」だったり、「玉石県」だったり、「碖石県」だったり、記述に揺れがありますね。

タグ:後涼 前涼 地理

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム