関羽「長生」と苻生・李暠・慕容熙

『三国志』巻三十六、関羽伝
關羽字雲長,本字長生,河東解人也。

関羽の字は「雲長」です。関雲長ここにあり!

名前と字は関係のある文字が使われることが多く(例外もありますが)、「羽」と「雲長」は繋がりがありそうな字面です。浅学な私は熟語や典拠が思いつきませんが。
ご意見募集中。

さて、関羽の本来の字は「長生」でした。長生き、長命。縁起の良さそうな名前ですね。

そして関羽の死から100年余り後、字が「長生」の大物が現れます。

『晋書』巻一百十二、苻生載記
(苻)生字長生,健第三子也。幼而無賴,祖洪甚惡之。生無一目,(中略)及長,力舉千鈞,雄勇好殺,手格猛獸,走及奔馬,擊刺騎射,冠絕一時。

前秦の2代目君主の苻生、字は「長生」。

苻生前秦を建国した氐族の苻健の三男。生まれつき片目がありませんでしたが、成人すると超人的な身体能力を持ち、武術・騎射に冠絶した武闘派となりました。

名付けに「生」と「長生」を使ったのは、生まれつき障害があったので長生きするようにという願いが込められていたのでしょうか。
あるいは幼い頃から(君主となった後も)無法で凶悪であり、祖父に嫌われ殺されかけたりしていることから、無事を願って付けたのかもしれません。
関羽由来なら面白いですね。

苻生は後に従兄弟の苻堅に殺され、前秦は名君苻堅により最盛期(と破滅)を迎えます。


苻生の父の苻健前秦を建国した頃、前涼でも「長生」が生まれます。

『北史』巻一百、序伝
子昶,字仲堅,幼有名譽,年十八而亡。建初中,追諡簡公。
涼武昭王暠字玄盛,小字長生,簡公昶之子也。遺腹而誕,祖母梁氏,親加撫育。

それこそが後に西涼を建てる李暠です。小字が「長生」。(字は玄盛)

李暠は父が数え年18歳の若さで死んだ後に生まれた遺腹の子であり、祖母によって養育されました。
小字(=幼名)の「長生」とは、そのような背景から長生きするように付けられたのでしょう。

やがて李暠は50歳の時に北涼から自立して西涼を建て、67歳まで生きました。
その後まもなく西涼は滅ぼされますが、子孫は北朝で栄え、その末裔という李淵を建てました。


そして、その李暠と同時代に君主に、小字が「長生」だった者がもう一人いました。

『魏書』巻九十五、徒何慕容廆伝、慕容熙
熙,字道文,小字長生,垂之少子也。

それが後燕4代目君主の慕容熙です。彼も小字が「長生」。(字は道文)

彼が生まれたのは苻生の50年後ですが、前秦が崩壊して各地で群雄が現れ。君主の苻堅が殺される戦乱の時代でした。
慕容熙の父の慕容垂後燕を建てて河北の争いを制しつつあり、小字の「長生」は乱世を乗り越えられるように、あるいは今後長らく繁栄するように、意味を込めて名付けたものかもしれませんね。
なお、彼ら鮮卑族は鮮卑名と呼べるような小字を付けることがありますが(父の慕容垂など)、これは漢人風です。

その後、慕容垂が亡くなり、後燕北魏に敗れて凋落する中を慕容熙は生き延び、遂に君主に擁立されましたが、失政や失策を繰り返して馮跋北燕建国者)によるクーデターで殺されました。


苻生の享年は23歳。慕容熙の享年は22歳。
彼らは字が「長生」でも長生きできなかった組ですね。
とはいえ、同じ字や小字で君主となった者が3人もいるのはかなり珍しいことでしょう。

タグ:蜀漢 前秦 西涼 後燕

略陽臨渭の李特

『太平御覧』巻一百二十三、偏霸部七、蜀李特
崔鴻『十六国春秋・蜀録』
李特,字玄休,巴西宕渠人。(中略)及魏武克漢中,特祖父虎歸魏,魏武嘉之,遷略陽,拜虎等為將軍。內徙者亦萬餘家,散居隴右諸郡及三輔、弘農。所在號為巴人。

李特の先祖は巴西宕渠の人でしたが、曹操が漢中を破った時(215年)に祖父の李虎が帰順し、略陽に移住していました。
このように華北に移住させられた者は1万家余おり、隴右諸郡から三輔・弘農まで分散して暮らし、「巴人」と呼ばれたそうです。

『華陽国志』巻九、李特志
李特,字玄休,略陽臨渭人也。祖世本巴西宕渠賨民,種黨勁勇,俗好鬼巫。漢末,張魯居漢中,以鬼道教百姓,賨人敬信;值天下大亂,自巴西之宕渠移入漢中。魏武定漢中,祖父虎與杜〔濩〕、朴胡、〔袁〕約、楊車李黑等移於略陽北土,復號曰「巴人」。

この移住により、李特は「略陽臨渭人」とも書かれます。

そして略陽への移住から80年余り経過し(3世代)、遂に李特兄弟が流民と共に巴蜀に戻ると、

『晋書』巻四、恵帝紀、永寧元年
永寧元年春正月乙丑,趙王倫篡帝位。丙寅,遷帝于金墉城,號曰太上皇,改金墉曰永昌宮。(中略)略陽流人李特殺趙廞,傳首京師。

李特は「略陽流人」として記録に載るような存在となっていました。

『晋書』巻一百二十一、李勢載記
勢乃夜出東門,與昝堅走至晉壽,然後送降文於溫曰:「偽嘉寧二年三月十七日,略陽李勢叩頭死罪。(中略)謹遣私署散騎常侍王幼奉牋以聞,并敕州郡投戈釋杖。窮池之魚,待命漏刻。」勢尋輿櫬面縛軍門,溫解其縛,焚其櫬,遷勢及弟福、從兄權親族十餘人于建康,封勢歸義侯。

それから40年以上が経って成漢が滅亡する際にも、最後の君主李勢が出した東晋への降伏文書の中に「略陽李勢」とあります。当時でも内外で「略陽人」として認知されていたようです。

李特の一族のアイデンティティが先祖の「巴西宕渠の賨」から「略陽臨渭の巴人/巴氐」に変わっていったのでしょう。
(ちなみに入蜀後の動きを見ると、李特の代には巴西や宕渠の地域に影響力が残っていなさそうです)


そして「略陽臨渭」といえば、

『太平御覧』巻一百二十一、偏霸部五、前秦苻洪
崔鴻『十六国春秋・前秦録』
苻洪,字廣世,略陽臨渭氐人。

前秦を建てた氐族の苻氏(当初は蒲氏)がいます。
種族が違いますが、成漢前秦の君主は同郷だったことになりますね。
(同時代の李特李雄蒲洪なら接触やニアミスがあった可能性も)

また、晋書載記や資治通鑑は、略陽などへ移住した巴の集団が「巴氐」と呼ばれていたとしており、氐族が居た地域に分散して雑居するようになったことで、「巴の賨」が一種の「氐」とみなされるようになったのかもしれませんね。

タグ:成漢 前秦

南燕と公孫氏5

「南燕と公孫氏4」の続き。
376年に前秦前涼を滅ぼした後、慕容徳は張掖太守として涼州に着任。

『太平御覧』巻一百二十六、偏霸部十、南燕慕容超
崔鴻『十六国春秋・南燕録』
慕容超,字祖明,德兄北海王納之子。秦滅燕,以納為廣武太守,數歲去官,與母公孫太妃就弟德于張掖。德從符堅南征,留金刀,辭母而去。

兄の慕容納も広武太守となり、兄弟揃って涼州にいたようです。母の公孫氏は兄の方に随行したものと思われます。数年して慕容納は離任し、母と共に慕容徳のいる張掖に移住。

やがて慕容徳は南征に参加し、兄や母と別れます。その時に金刀を残しておきました。

383年の前秦の南征が「淝水の戦い」で大敗して終わると、従軍していた慕容垂は自立し、翌384年に燕王を称します。
同じく従軍していた慕容徳は異母兄の慕容垂に合流し、再興した燕、後燕に仕えました。

『太平御覧』巻一百二十六、偏霸部十、南燕慕容超
崔鴻『十六国春秋・南燕録』
及垂兵山東,張掖太守符昌誅納及德之諸子,公孫太妃以耄不合刑,納妻段氏以懷妊未決,執于郡獄。獄掾呼延平,德之故吏也,將公孫、段氏逃于羌中,而生超焉。公孫氏臨卒,授超金刀,曰:「聞汝伯已中興於鄴都,吾朽病將沒,相見理絕。汝脫得東歸,可以此刀還汝叔也。」

この慕容垂らの自立に対して、前秦の張掖太守の苻昌は領内にいた慕容納慕容徳の子供達を処刑します。
慕容納らと一緒にいた公孫氏は高齢を理由に処刑は免れ、まもなく慕容納の妻の段氏と共に獄掾の呼延平に連れられて羌中に逃げ込みました。
そして妊娠していた段氏は385年に男児を出産。彼が慕容超と呼ばれる人物であり、公孫氏の孫(唯一生き残った男の孫?)でした。

ちなみに、この385年に西域遠征から帰国した呂光が涼州を制圧し、張掖を含む河西一帯の新たな主となりました(後涼)。

公孫氏が20歳前後で慕容徳を生んだとすると、これらは70歳頃の出来事となりますね。

『晋書』巻一百二十八、慕容超載記
至是,將公孫及段氏逃于羌中,而生超焉。年十歲而公孫氏卒,臨終授超以金刀,曰:「若天下太平,汝得東歸,可以此刀還汝叔也。」平又將超母子奔于呂光。

公孫氏慕容超が10歳の時に死去。
公孫氏は臨終の際に慕容超に金刀を渡して「天下が太平になって東へ帰れた時は、この刀を叔父に返すように」言い残しました。
没年は394年。享年は80歳近くでしょうか。


その後、慕容超と母の段氏呼延平に連れられて呂光後涼に移住。
385年に羌中の地域に隣接する鮮卑禿髪部が後涼から爵位を貰ったり、西秦が一時的に後涼に屈して称藩しており、また翌年には後涼呂光が「天王」に即位していました。
ちょうど後涼の最盛期であり、それが呼延平らの移動の動機かもしれませんね。

後涼が滅亡した後、405年になって慕容超はようやく東部に逃れ、叔父の慕容徳が建てた南燕に入ります。そして慕容徳に金刀を返すと共に祖母・公孫氏の言葉を伝え、慕容徳から兄・慕容納の子として認められただけでなく、息子のいなかった慕容徳の後継者に選ばれることになりました。

タグ:南燕 後燕 前秦

張掖太守の慕容徳

『魏書』巻九十五、徒何慕容廆伝、慕容徳
德,字玄明,雅為兄垂所重。桓溫之至枋頭也,德與垂擊走之。苻堅滅暐,以德為張掖太守。垂稱尊號,封為范陽王,(後略)

慕容徳前燕が滅びた後、前秦の張掖太守となりました。

『晋書』巻一百二十七、慕容徳載記
後遇暐敗,徙于長安,苻堅以為張掖太守,數歲免歸。
及堅以兵臨江,拜德為奮威將軍。

載記によると長安に移された後に張掖太守に就任し、数年して離任しました。

『資治通鑑』巻一百二、晋紀二十四、太和五年
十二月,秦王堅遷慕容暐及燕后妃、王公、百官拜鮮卑四萬餘戶于長安。(中略)
甲寅,至長安,封慕容暐為新興侯;以燕故臣慕容評為給事中,皇甫真為奉車都尉,李洪為駙馬都尉,皆奉朝請;李邽為尚書,封衡為尚書郎,慕容德為張掖太守,燕國平叡為宣威將軍,悉羅騰為三署郎;其餘封署各有差。

資治通鑑では370年に前燕が滅亡した直後、12月に前燕の人々が長安に移されたタイミングの人事に慕容徳が張掖太守となっています。

しかし当時の張掖郡は前涼の支配下にあり、前秦が獲得したのは前涼を滅ぼした376年からです。
これは正しい記述なのでしょうか。
(資治通鑑は正史にもあるように異なる人事をひとまとめにして記すことがあります)

『太平御覧』巻一百二十六、偏霸部十、南燕慕容徳
崔鴻『十六国春秋・南燕録』
秦滅燕,徙于長安。秦伐涼,德請征自效,後為張掖太守。符堅伐晉,垂請德為副。

十六国春秋では、前秦前涼を討伐する際に慕容徳が征伐に参加して忠誠を示したいと願い出て、後に張掖太守となっています。
実は慕容徳前涼平定に参加していたのでしょうか?
不参加であっても、平定後に張掖太守として着任したのは間違いないでしょう。
慕容徳の意思を汲んだ人事なのか、有力な慕容氏を遠方に置きたかったのか)

そしてその後、前秦東晋への南征に乗り出すと慕容垂慕容徳を副官として希望したことから張掖太守から離任しています。

『太平御覧』巻一百二十六、偏霸部十、南燕慕容超
崔鴻『十六国春秋・南燕録』
慕容超,字祖明,德兄北海王納之子。秦滅燕,以納為廣武太守,數歲去官,與母公孫太妃就弟德于張掖。德從符堅南征,留金刀,辭母而去。

この時に母と兄とも別れました。


慕容垂が南征に参加したのは378年~383年。
張掖太守だったのは早ければ、376年の前涼滅亡直後から378年まで。
遅くても383年までの数年間となるでしょう。

タグ:南燕 前秦

劉庫仁の妻・公孫氏の一族

『北史』巻二十、劉庫仁伝
劉庫仁字沒根,獨孤部人,(中略)建國三十九年,昭成暴崩,道武未立,苻堅以庫仁為陵江將軍、關內侯,令與衞辰分國眾統之。河西屬衞辰,河東屬庫仁。(中略)苻堅處衞辰在庫仁下,衞辰怒,叛,攻庫仁。庫仁伐衞辰,破之。苻堅賜庫仁妻公孫氏,厚其資送。
慕容垂圍苻丕於鄴,又遣將平規攻堅幽州刺史王永于薊。庫仁遣妻兄公孫希助永擊規,大破之。

前秦は拓跋部の国を滅ぼすと(376年)、北方を分割して西部を匈奴鉄弗部の劉衛辰に、東部を独孤部の劉庫仁に統治させます。
後に劉庫仁は離反した劉衛辰を討伐し、前秦の君主苻堅から公孫氏を妻として賜りました。
劉庫仁前秦と友好的な関係を続けたようで、後に苻堅が大敗して前秦で反乱が続出すると、妻の兄の公孫希を増援として幽州に派遣しています。

『資治通鑑』巻一百五、晋紀二十七、太元九年
(八月)秦幽州刺史王永求救於振威將軍劉庫仁,庫仁遣其妻兄公孫希帥騎三千救之,大破平規於薊南,乘勝長驅,進據唐城。

公孫希の派遣は384年のこと。


さて、劉庫仁の妻となった公孫氏とは何者でしょうか?
(384年に「妻兄公孫希」とあることから、少なくともこの頃まで存命でしょう)

『魏書』巻三十、安同伝
安同,遼東胡人也。其先祖曰世高,漢時以安息王侍子入洛。歷魏至晉,避亂遼東,遂家焉。父屈,仕慕容暐,為殿中郎將。苻堅滅暐,屈友人公孫眷之妹沒入苻氏宮,出賜劉庫仁為妻。庫仁貴寵之。同因隨商販,見太祖有濟世之才,遂留奉侍。性端嚴明惠,好長者之言。
登國初,太祖徵兵於慕容垂,事在窟咄傳。同頻使稱旨,遂見寵異,以為外朝大人,(後略)

遼東の胡人の安同は父が前燕に仕え、自身は前燕滅亡後に友人の公孫眷と共に商人として生計を立てていました。安同は後に拓跋珪に仕え、部落を率いる代人に混じって外朝大人を拝命しました。
ここに出てくる「友人の公孫眷」の妹は前燕滅亡後に前秦の後宮に入れられ、後に劉庫仁に下賜されたとあります。
つまり、劉庫仁の妻の兄は公孫希の他に公孫眷がいました。

また、これらの経歴を見ると公孫眷の一族は前燕に仕えていたのはほぼ間違いないでしょう。遼東近辺の出身だった可能性も高いですね。
同族かどうかは不明ですが、北魏に仕えた公孫氏は複数おり、墓誌には「遼東襄平の公孫氏」もいます。その中には先祖がの上洛公という者がおり、遼東襄平には「漢人の大物」か漢人風の「胡人の大物」がいたようです。

劉庫仁の妻となった公孫氏はそのような一族の出身かもしれませんね。

タグ:北魏 前秦 前燕

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム