十六国の漢人国家

五胡十六国時代における漢人勢力として、「安定張氏の前涼」・「隴西李氏の西涼」・「長楽馮氏の北燕」が挙げられます。

前涼西涼の家臣は記録上ほぼ漢人のみ。(「漢化した胡人」か「そこらの漢人」か判断できない者も混ざっていそうですが)

一方、北燕には「明らかに漢人でない者」が漢人と同じような地位に就いており、胡人由来の官に宗室が就いていたりもします。
また、君主の小字が「乞直伐」で漢人風ではなく、親族にも何人か漢人風ではない名前の人物がいました。
そして2代目君主の皇后は慕容氏。

北燕前涼西涼に比べて、非漢人的な特徴があり、非漢人勢力を取り込んでいた理由の一つは、その立地でしょう。

前涼は漢人国家である西晋の一地方が生き残ったもの。支配者・官僚層も中核の領民も漢人です。「現地の漢人」だけでなく、「中原から逃げ込んできた漢人」も加わって国が成り立っていました。

前秦前涼を滅ぼすと、「前秦経由で入った非漢人」が新たに支配者・官僚層を形成するようになり、「従来の領内・近隣の非漢人」にも(前涼の旧領内で)勢力を伸ばす者が現れました。
(「前秦経由で入った漢人」もいます)
後涼前秦から分離し、生き残った勢力です。他の非漢人国家と同じく、非漢人と漢人が入り混じって官僚層を形成しており、「前秦経由で入った非漢人」「従来の領内・近隣の非漢人」「現地の漢人」「中原から逃げ込んできた漢人」「前秦経由で入った漢人」全てが参画していました(非漢人が優位)。
後涼が破綻し始めると、南涼北涼が自立。どちらも「従来の領内・近隣の非漢人」が君主でしたが、北涼は当初は「前秦経由で入った漢人」を担ぎ、その後も南涼よりは漢人を取り込んだ体制でした。(また、北涼の沮渠氏は南涼の禿髪氏よりも漢化が進んでいたようですね)

西涼は敦煌の漢人に支えられた国です。かつては漢人国家の最辺境だった敦煌も、中原で非漢人が流入・伸長するようになると、逆に中原の非漢人の影響を受けにくい土地として漢人勢力を保持できたようです。漢人主体で20年余り続きましたが、膠着状態を破れず、滅亡。
西涼の勃興は前涼が滅びて20~30年経った後でしたが、(敦煌以外も含む)当地の漢人・非漢人勢力のバランスはどうだったのでしょうね。

漢人主導で前涼が保った地域でも非漢人の影響力が増大し、それが漢人主導の西涼の興亡につながったと思われます。

そして北燕
北燕の領土の昌黎・遼東は前燕前秦後秦と非漢人が主導した国によって長らく統治された地域。その期間は約100年にも及びます。前燕の初期と後秦の後期には首都も置かれていました。
また、北燕後燕の後継国家であり、建国直後は(後燕と同じように)確実に臣民・将兵共に漢人・非漢人の両方で構成されていたはずです。
(ちなみに、後趙の後継国家の冉魏は建国前から非漢人の排除を進めており、ほぼ漢人の国家でしたが、それでも最終的に臣民に非漢人が残っていました)

そのような土地で非漢人(鮮卑族など)を排除するのは無理、無謀なこと。
北燕が漢人主導の国にしては非漢人的な要素が大きかったのも当然の流れでしょう。

タグ:前涼 西涼 北燕 後涼 南涼 北涼 前燕 後燕

後涼の謎元号と呂紹の死

『太平広記』巻三百二十一、鬼六
『述異記』
呂光承康元年,有鬼叫於都街曰。兄弟相滅百姓弊。徼吏尋視之,則無所見。其年光死,子紹代立。五日,紹庶兄篡,殺紹自立。

『述異記』には晋書などには見られない後涼の元号が登場します。
この「承康元年」は「承康二年」や「永康二年」とするものもあり、呂光が死んだ年に「承康」か「永康」の元号の1年目か2年目だったとする記録があったようです。

しかし『十六国春秋』ではこの年を「龍飛四年」としており、さらに同年の呂纂の即位により、「龍飛四年から咸寧元年に改元した」ともあります。

「承康二年」か「永康二年」だった場合は前年に改元したことになりますが、特に改元につながる決定的なイベントが無く、他の元号は載せている正史や資治通鑑にも何ら情報がありません。
「元年」が正しいとして、呂光が譲位したタイミングで設置されたものの、呂纂の即位で廃止・抹消された「幻の元号」というのはどうでしょうか。

さて、いずれにしても『述異記』にはもう一つ興味深い情報があります。
それが「呂紹が即位すると、5日に呂纂呂紹を殺して即位した」というものです。
これが正しいとすると、呂紹が天王だった時期が数日あったことになります。
他の史書等の記述に明白に矛盾する内容ではなく、これは考察や創作のネタとして十分に使えるものでしょう。

タグ:後涼

呂光の継承者5

『晋書』巻一百二十二、呂纂載記
呂弘自以功名崇重,恐不為纂所容,纂亦深忌之。弘遂起兵東苑,劫尹文、楊桓以為謀主,請宗燮俱行。燮曰:「老臣受先帝大恩,位為列棘,不能隕身授命,死有餘罪,而復從殿下,親為戎首者,豈天地所容乎!且智不能謀,眾不足恃,將焉用之!」弘曰:「君為義士,我為亂臣!」乃率兵攻纂。纂遣其將焦辨擊弘,弘眾潰,出奔廣武。纂縱兵大掠,以東苑婦女賞軍,弘之妻子亦為士卒所辱。纂笑謂羣臣曰:「今日之戰何如?」其侍中房晷對曰:「天禍涼室,釁起戚藩。先帝始崩,隱王幽逼,山陵甫訖,大司馬驚疑肆逆,京邑交兵,友于接刃。雖弘自取夷滅,亦由陛下無棠棣之義。宜考己責躬,以謝百姓,而反縱兵大掠,幽辱士女。釁自由弘,百姓何罪!且弘妻,陛下之弟婦也;弘女,陛下之姪女也,奈何使無賴小人辱為婢妾。天地神明,豈忍見此!」遂歔欷悲泣。纂改容謝之,召弘妻及男女于東宮,厚撫之。呂方執弘繫獄,馳使告纂,纂遣力士康龍拉殺之。是月,立其妻楊氏為皇后,以楊氏父桓為散騎常侍、尚書左僕射、涼都尹,封金城侯。


『資治通鑑』巻一百一十一、晋紀三十三、隆安四年
涼王纂以大司馬弘功高地逼,忌之;弘亦自疑,遂以東苑之兵作亂,攻纂。纂遣其將焦辨擊之,弘眾潰,出走。纂縱兵大掠,悉以東苑婦女賞軍,弘之妻子亦在中。纂笑謂群臣曰:「今日之戰何如﹖」侍中房晷對曰:「天禍涼室,憂患仍臻。先帝始崩,隱王廢黜;山陵甫訖,大司馬稱兵;京師流血,昆弟接刃。雖弘自取夷滅,亦由陛下無常棣之恩,當省己責躬以謝百姓。乃更縱兵大掠,囚辱士女,釁自弘起,百姓何罪!且弘妻,陛下之弟婦,弘女,陛下之姪也,柰何使無賴小人辱為婢妾,天地神明,豈忍見此!」遂歔欷流涕。纂改容謝之;召弘妻子寘於東宮,厚撫之。
弘將奔禿髮利鹿孤,道過廣武,詣呂方,方見之,大哭曰:「天下甚寬,汝何為至此!」乃執弘送獄,纂遣力士康龍就拉殺之。
纂立妃楊氏為后,以后父桓為尚書左僕射、涼都尹。


後涼の天王の呂纂と大司馬の呂弘。二人は君臣・兄弟の関係に加え、先代の時にはほぼ対等の重鎮でした。
また、呂弘は東苑に勢力を築いており、呂纂のクーデターにもその勢力を率いて協力していました。

この二人は互いに警戒しており、遂に呂弘が先手を打って東苑の兵を率いて挙兵し、呂纂を攻めました。呂弘尹文楊桓を巻き込み、宗燮も引き入れようとしますが、これは失敗。
さらに呂弘呂纂が迎撃に出した焦辨に敗れ、潰走。呂弘南涼禿髪利鹿孤)への合流を目指して南の広武まで逃れますが、そこで叔父の呂方に会ったところ、捕らえられてしまいました。
これを聞いた呂纂は力士の康龍を派遣し、呂弘を縊り殺させました。

一方、東苑を制圧した呂纂は兵達に略奪させ、そこの婦女を褒賞として与えていました。そして呂弘の妻子も巻き込まれて陵辱されていましたが、侍中の房晷が涙ながらに諌めると呂纂は改め、呂弘の妻子を東宮で養うことにしたそうです。
呂纂は短慮なところがありますが、良識なり常識なりは残っていたおかげで、多少はマシなことがありますね。

かくして呂弘を平定した呂纂は同月に妻の楊氏を皇后に立て、楊氏の父の楊桓を散騎常侍・尚書左僕射・涼都尹とし、金城侯に封じました。いわゆる外戚。

呂光の死以来、ようやく安定した後涼でしたが、有力な宗室が複数死んだ上で成り立っており、後々悪影響が出ることにもなりました。

タグ:後涼

呂纂の器量

『晋書』巻一百二十二、呂纂載記
纂於是夜率壯士數百,踰北城,攻廣夏門,弘率東苑之眾斫洪範門。左衞齊從守融明觀,逆問之曰:「誰也?」眾曰:「太原公。」曰:「國有大故,主上新立,太原公行不由道,夜入禁城,將為亂邪?」因抽劍直前,斫纂中額。纂左右擒之,纂曰:「義士也,勿殺。」紹遣武賁中郎將呂開率其禁兵距戰于端門,驍騎呂超率卒二千赴之。眾素憚纂,悉皆潰散。
纂入自青角門,升于謙光殿。紹登紫閣自殺,呂超出奔廣武。
(中略)
纂謂齊從曰:「卿前斫我,一何甚也!」泣曰:「隱王先帝所立,陛下雖應天順時,而微心未達,惟恐陛下不死,何謂甚也!」纂嘉其忠,善遇之。纂遣使謂征東呂方曰:「超實忠臣,義勇可嘉,但不識經國大體,權變之宜。方賴其忠節,誕濟世難,可以此意諭之。」超上疏陳謝,纂復其爵位。


呂纂呂紹を攻めた時、左衛将軍の斉従の抵抗がありました。
斉従は剣を抜いて突き進み、呂纂の額に切りつけますが、呂纂の配下に取り押さえられました。
呂纂斉従を「義士」と評して殺さず、即位後に「斬りかかった」ことを責めた際にも斉従の回答を忠であると評価して厚遇したそうです。(ここにある「死ななかったから甚ではない」といった表現は面白いですね)

呂纂は排除や抵抗を試みていた呂超も許しており、野心家であっても、度量が無いわけではなかったようです。そうでなければ従う者もここまでいなかったでしょう。

ところで斉従は実際に呂纂に傷をつけたのでしょうか。
もしそうならば、呂纂は即位した時は額に傷が残っている状態だったことになりますね。

タグ:後涼

呂紹の妻、張美人

『太平御覧』巻四百三十九、人事部八十、貞女上
『後涼録』
初,呂紹之死也,美人敦煌張氏,年十四,爲沙門,清辯,有姿色,呂隆見而悅之,遣中書郎裴敏說之。張氏善言理,敏爲之屈。隆親逼之,張氏曰:「欽樂至法,故投身道門,且一辱于人,誓不毀節,今逼如此,豈非命也。」升門樓自投于地,二脛俱折,口誦佛經,俄而卒。


『晋書』巻九十六、列女伝、呂纂妻楊氏
時呂紹妻張氏亦有操行,年十四,紹死,便請為尼。呂隆見而悅之,欲穢其行,張氏曰:「欽樂至道,誓不受辱。」遂昇樓自投於地,二脛俱折,口誦佛經,俄然而死


呂紹の妻に敦煌の張氏がいました。呂紹が死んだ当時は14歳。つまり386年生まれ。
「美人」とあるので、正妃ではない可能性はありますね。10数歳で嫁いだ(東宮入りした)はずなので、その時期は396年に呂紹が太子となってからでしょう。

張氏は敦煌の著姓の一つであり、おそらくこの張氏も敦煌の名家出身の漢人だったのでしょう。
呂光の末期に死んだ中書監の張資の親類とか?(彼は出身地不明)

張氏呂紹が死ぬと出家しましたが、容姿が優れていたことから呂隆に言い寄られることになります。
これは呂隆が天王となった401年、約2年後のことでしょう。(少なくとも呂纂は手を出さなかったようです)

張氏呂隆が送り込んだ裴敏を言い負かしましたが、呂隆自身に迫られると飛び降りによる自死を選びました。

ところで、この時の後涼には鳩摩羅什が滞在していました。張氏も何か関わりがあったかもしれませんね。

タグ:後涼

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム