夏侯端の父の謎2

『旧唐書』巻一百八十七、忠義伝上、夏侯端
夏侯端,壽州壽春人,梁尚書左僕射詳之孫也。

『新唐書』巻一百九十一、忠義伝上、夏侯端
夏侯端,壽州壽春人,梁尚書左僕射詳孫也。

夏侯端は新旧唐書で夏侯詳の孫とあります。

夏侯詳は434年生まれ。
夏侯端は627年没。
祖父が生まれて193年後に孫が死ぬというのは年齢差がすごいことになります。
例えば、「祖父が60歳の時に生まれた子である父が60歳の時に生まれた子が75歳で死去(全て数え年)」が該当。
夏侯端の事績を見る限り、享年の10年前は十分現役の年齢だったはずなので、当時70歳未満(享年は80歳未満)。上記の「例えば」の例ぐらい無茶する必要があります。

『元和姓纂』巻七、夏侯氏
七代孫詳,左僕射、豐城公。生(夔)。(夔)生審端,唐秘書監、梓州刺史。

また、夏侯夔の子供が「夏侯審端」という記録があり、この「夏侯審端」の官歴・官位が完全に夏侯端と一致していることから同一人物と見られます。
ところが、夏侯夔は538年没のはずなので、享年が90歳を超えることになってしまいます。

どうしたものでしょうか。
夏侯夔の子の夏侯審端」ではなく「夏侯夔の子の夏侯審の子の夏侯端」ならば、余裕ができ、夏侯端の旧知の李淵(566年誕生)と同年だって十分可能でしょう。
(1世代増やせば「各世代が40歳差で最後が享年74歳」などができます)

夏侯審・・・。
夏侯譒!?
名前の「譒」は言偏に「番」。「審」に似ています。

『梁書』巻二十八、夏侯亶伝、夏侯夔
子譔嗣,官至太僕卿。譔弟,少粗險薄行,常停鄉里,領其父部曲,為州助防,刺史蕭淵明引為府長史。淵明彭城戰沒,復為侯景長史。景尋舉兵反,譒前驅濟江,頓兵城西士林館,破掠邸第及居人富室,子女財貨,盡略有之。

夏侯譒夏侯夔の息子の一人で、若い頃から品行に問題があり、後に「侯景の乱」が起きるとノリノリで侯景に協力した悪名高い人物でした。

その夏侯譒の血筋というのは甚だ不名誉なことであり、子孫が家伝や公的な記録から削ったり隠したり試みてもおかしくはないでしょう。
その結果、「夏侯詳の曾孫」という続柄から一世代消えて「夏侯詳の孫」とされ、夏侯夔の子の夏侯譒の存在が中途半端に消されて「審」の文字として残った、という解釈ができるのではないでしょうか。
唐書では何故か父ではなく、祖父の名前しか載っていないという謎もこれで解けます。

よって、夏侯端の父は実は夏侯譒だったのかもしれませんね。

タグ:

夏侯端の父の謎

『旧唐書』巻一百八十七、忠義伝上、夏侯端
夏侯端,壽州壽春人,梁尚書左僕射詳之孫也。仕隋為大理司直。

『新唐書』巻一百九十一、忠義伝上、夏侯端
夏侯端,壽州壽春人,梁尚書左僕射詳孫也。仕隋為大理司直。

夏侯端は祖父の記録はありますが、父の記録が正史に載っていません。

貴重な手がかりとなるのが『元和姓纂』です。(信憑性はさておき)

『元和姓纂』巻七、夏侯氏
漢有太僕夏侯嬰,譙國人。嬰孫夏侯建。建三代孫妙才,魏征西將軍,轉愽昌侯。生覇,仕蜀雍州牧、郿侯。七代孫詳,左僕射、豐城公。生(夔)。(夔)生審端,唐秘書監、梓州刺史。審端生德昭,吉州刺史。德昭生遵業、遵本。

私が見たところ、夏侯端(夏侯審端)は夏侯夔の子としています。(「夔」の異体字が使われていました)


さて、夏侯夔は538年没です。(正史が正しければ)
そして夏侯端は566年生まれの李淵と旧知であり、581年から618年まで続いたに仕え、618年から627年までに仕えて亡くなりました。

つまり、最も年齢差が小さくても李淵との間に30年近くの差があることになります。
さらにに仕えたのは40代以上から80歳以上の時。に仕えたのも80歳以上となり、享年は90歳前後以降。

大きな問題としては、夏侯端は619年に前線地域への使者に出され、最終的に過酷な逃避行の末に帰還しました。
80歳以上でこの任務が出され、また生還できるものでしょうか?

この問題は夏侯夔の没年を10年近く伸ばしても大して改善せず(侯景の乱などによりこれ以上伸ばすのも不可)、残念ながら夏侯夔の子として解釈するのは考えがたい選択肢でしょう。

夏侯詳の曾孫」&「夏侯夔の孫」あるいは「夏侯詳の子」&「夏侯夔より長生きした兄弟の子」とするしかないでしょう。

タグ:

夏侯詳の孫の夏侯端

の重臣夏侯詳の孫である夏侯端に仕えました。

『新唐書』巻一百九十一、忠義伝上、夏侯端
夏侯端,壽州壽春人,梁尚書左僕射孫也。仕隋為大理司直。高祖微時與相友,大業中討賊河東,表為副。邃數術,密語高祖曰:「玉牀搖,帝坐不安。晉得歲,真人將興,安天下之亂者,其在公乎!但上性沈忌,內惡諸李,今金才已誅,次且取公,宜蚤為計。」感其言。(中略)貞觀元年卒。

夏侯端は後にを建国する李淵と旧知の仲であり、615年に河東の賊の討伐に向かう李淵に副将の一人として選ばれました。

『資治通鑑』巻一百八十三、隋紀七、義寧元年
初,唐公李淵(中略)
之為河東討捕使也,請大理司直夏侯端為副。之孫也,善占候及相人,謂曰:「今玉牀搖動,帝座不安,參墟得歲,必有真人起於其分,非公而誰乎!主上猜忍,尤忌諸李,金才既死,公不思變通,必為之次矣。」心然之。

夏侯端は術数(占候や観相)に精通しており、その頃に(天文に絡めて)李淵こそが次の王者であると李淵に伝えたという逸話があります。
夏侯端は早い段階で李淵の覇権について言及した一人となるでしょう。

しかし、ここまでは創業の功臣らしい動きですが、挙兵に参加できず、でせっかく活躍の機会を得ても大惨事に終わり、特に目立たないまま建国10年目の527年に死去。
上手く行っていれば初の大物や功臣として名を残せたでしょうね。残念。

不幸中の幸いか、大惨事の中で貫いた忠義が後世で認められ、忠義伝には載りましたが。


それにしても、で元勲や功臣を出した夏侯氏がでもそのチャンスがあったというのは面白いことです。

タグ:

夏侯夔の追贈官

『梁書』巻二十八、夏侯亶伝、夏侯夔
大同四年,卒於州,時年五十六。有詔舉哀,賻錢二十萬,布二百匹。追贈侍中、安北將軍。諡曰桓。

夏侯夔は侍中と安北将軍を追贈されました。

侍中と何かの組み合わせは、梁書を見た限り武帝時代では基本的に「宗室」「南斉以前からの名族」「侍中よりも高位の重臣」のいずれかの追贈官として見られます。
この分類に当てはまらないのが約5名。
裴邃(当時の前線筆頭格の宿将)、
明山賓(当代有数の老学者)、
張緬(外戚&元勲の嫡男・新興名族)、
蘭欽(安南将軍&県公という破格の出世の軍人)、
そして夏侯夔です。

おそらく夏侯夔張緬のように元勲の子として新興名族として扱われ、また裴邃のように軍や前線地域にも大きな影響力のある軍人系の重鎮とみなされたのでしょう。


安北将軍の追贈は比較が難しいのですが、生前に同格の将軍に就任できたのは「宗室上位」や「帰順者上位」ぐらい。
蘭欽がややこしい存在ですが、とりあえず帰順者の亜種とみなしても良いのでは?)
4ランクで昇格で将軍号トップの車騎将軍となった兄には及びませんが、かなり高い地位なのは間違いありません。


ちなみに死後に送られた「銭二十万と布二百匹」は建国功臣上位で追贈で十七班に達した柳慶遠と同等の待遇です。
梁書の記録でこれより多いのは建国戦の双璧の王茂(最高位の十八班)と曹景宗(十七班)、そして琅邪王氏の長老の王份(十六班+)ぐらい。
夏侯夔は記録上の最高ランクに近い賻物を支給されており、それにみあう地位・立場にあったのでしょう。

タグ:

夏侯亶の生年・享年2

「夏侯亶の生年・享年」から考えられる夏侯亶の生年パターンをいくつか。

上限?
457年生まれの場合: 夏侯詳が25歳の時に生まれた長男。
23歳の時に南斉の建国。
27歳の時に弟(四男?)の夏侯夔が誕生。
44歳の時に「崔慧景の乱」を討って驍騎将軍を拝命、同年に挙兵軍に合流。
41歳の時にの建国。
46歳で父の死。
53歳から57歳まで司州刺史。
68歳で高官の中護軍に就任。
69歳で北伐の指揮官として現地に早馬で急行。
70歳で寿陽攻略と豫州刺史就任。
73歳で死去。
(武帝・蕭衍より7歳上)


老将
462年生まれの場合: 夏侯詳が30歳の時に生まれた長男。
18歳の時に南斉の建国。
22歳の時に弟(四男?)の夏侯夔が誕生。
39歳の時に「崔慧景の乱」を討って驍騎将軍を拝命、同年に挙兵軍に合流。
41歳の時にの建国。
46歳で父の死。
48歳から52歳まで司州刺史。
63歳で高官の中護軍に就任。
64歳で北伐の指揮官として現地に早馬で急行。
65歳で寿陽攻略と豫州刺史就任。
68歳で死去。
(武帝・蕭衍より2歳上)


壮年
467年生まれの場合: 夏侯詳が35歳の時に生まれた長男。
13歳の時に南斉の建国。
17歳の時に弟(四男?)の夏侯夔が誕生。
34歳の時に「崔慧景の乱」を討って驍騎将軍を拝命、同年に挙兵軍に合流。
36歳の時にの建国。
41歳で父の死。
43歳から47歳まで司州刺史。
58歳で高官の中護軍に就任。
59歳で北伐の指揮官として現地に早馬で急行。
60歳で寿陽攻略と豫州刺史就任。
63歳で死去。
(武帝・蕭衍より3歳下)


下限?
471年生まれの場合: 夏侯詳が39歳の時に生まれた長男。
9歳の時に南斉の建国。
13歳の時に弟(四男?)の夏侯夔が誕生。
30歳の時に「崔慧景の乱」を討って驍騎将軍を拝命、同年に挙兵軍に合流。
32歳の時にの建国。
37歳で父の死。
39歳から43歳まで司州刺史。
54歳で高官の中護軍に就任。
55歳で北伐の指揮官として現地に早馬で急行。
56歳で寿陽攻略と豫州刺史就任。
59歳で死去。
(武帝・蕭衍より7歳下)


どれを取るかによってイメージがけっこう変わるのではないでしょうか。
個人的には上記で「壮年」とした辺りが好みです。「老将」も面白いですね。

タグ:

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム