関羽「長生」と苻生・李暠・慕容熙

『三国志』巻三十六、関羽伝
關羽字雲長,本字長生,河東解人也。

関羽の字は「雲長」です。関雲長ここにあり!

名前と字は関係のある文字が使われることが多く(例外もありますが)、「羽」と「雲長」は繋がりがありそうな字面です。浅学な私は熟語や典拠が思いつきませんが。
ご意見募集中。

さて、関羽の本来の字は「長生」でした。長生き、長命。縁起の良さそうな名前ですね。

そして関羽の死から100年余り後、字が「長生」の大物が現れます。

『晋書』巻一百十二、苻生載記
(苻)生字長生,健第三子也。幼而無賴,祖洪甚惡之。生無一目,(中略)及長,力舉千鈞,雄勇好殺,手格猛獸,走及奔馬,擊刺騎射,冠絕一時。

前秦の2代目君主の苻生、字は「長生」。

苻生前秦を建国した氐族の苻健の三男。生まれつき片目がありませんでしたが、成人すると超人的な身体能力を持ち、武術・騎射に冠絶した武闘派となりました。

名付けに「生」と「長生」を使ったのは、生まれつき障害があったので長生きするようにという願いが込められていたのでしょうか。
あるいは幼い頃から(君主となった後も)無法で凶悪であり、祖父に嫌われ殺されかけたりしていることから、無事を願って付けたのかもしれません。
関羽由来なら面白いですね。

苻生は後に従兄弟の苻堅に殺され、前秦は名君苻堅により最盛期(と破滅)を迎えます。


苻生の父の苻健前秦を建国した頃、前涼でも「長生」が生まれます。

『北史』巻一百、序伝
子昶,字仲堅,幼有名譽,年十八而亡。建初中,追諡簡公。
涼武昭王暠字玄盛,小字長生,簡公昶之子也。遺腹而誕,祖母梁氏,親加撫育。

それこそが後に西涼を建てる李暠です。小字が「長生」。(字は玄盛)

李暠は父が数え年18歳の若さで死んだ後に生まれた遺腹の子であり、祖母によって養育されました。
小字(=幼名)の「長生」とは、そのような背景から長生きするように付けられたのでしょう。

やがて李暠は50歳の時に北涼から自立して西涼を建て、67歳まで生きました。
その後まもなく西涼は滅ぼされますが、子孫は北朝で栄え、その末裔という李淵を建てました。


そして、その李暠と同時代に君主に、小字が「長生」だった者がもう一人いました。

『魏書』巻九十五、徒何慕容廆伝、慕容熙
熙,字道文,小字長生,垂之少子也。

それが後燕4代目君主の慕容熙です。彼も小字が「長生」。(字は道文)

彼が生まれたのは苻生の50年後ですが、前秦が崩壊して各地で群雄が現れ。君主の苻堅が殺される戦乱の時代でした。
慕容熙の父の慕容垂後燕を建てて河北の争いを制しつつあり、小字の「長生」は乱世を乗り越えられるように、あるいは今後長らく繁栄するように、意味を込めて名付けたものかもしれませんね。
なお、彼ら鮮卑族は鮮卑名と呼べるような小字を付けることがありますが(父の慕容垂など)、これは漢人風です。

その後、慕容垂が亡くなり、後燕北魏に敗れて凋落する中を慕容熙は生き延び、遂に君主に擁立されましたが、失政や失策を繰り返して馮跋北燕建国者)によるクーデターで殺されました。


苻生の享年は23歳。慕容熙の享年は22歳。
彼らは字が「長生」でも長生きできなかった組ですね。
とはいえ、同じ字や小字で君主となった者が3人もいるのはかなり珍しいことでしょう。

タグ:蜀漢 前秦 西涼 後燕

巴西宕渠の李特

『魏書』巻九十六、賨李雄伝
賨李雄,字仲儁,蓋廩君之苗裔也。其先居於巴西宕渠。

『太平御覧』巻一百二十三、偏霸部七、蜀李特
李特,字玄休,巴西宕渠人。

賨の李特李雄の先祖は宕渠県に住んでおり、本籍で言えば巴西宕渠人です。

さて、賨(板楯蛮)は元々は「巴郡閬中夷」でした。

『太平御覧』巻一百六十七、州郡部十三、山南道上、閬州
『三巴記』
閬中有渝水,賨民銳氣喜舞。故高祖樂其猛銳,數觀其舞,使樂人習之,故樂府中有巴渝舞。

『三巴記』に賨民の舞から「巴渝舞」が生まれた話があり、『後漢書』によると「巴郡閬中夷」(後の板楯蛮)が閬中県の渝水の周りに住んでいたことが「巴渝舞」の由来として示されています。

後漢末期の群雄割拠時代に巴郡の西北部が分離され、「巴西郡」が置かれます。治所は「閬中県」。
「宕渠県」も巴西郡の一部でしたが、劉備蜀漢が「巴西郡」の東部を分割した時には「宕渠郡」の治所となりました。

『続漢書』と注と後の地誌などを見ると、後漢の初期の巴郡には、西部の閬水沿いの北に閬中、南に安漢があり、その東の宕渠水付近に宕渠が置かれていました。
「閬中県」と「宕渠郡」は隣接していますが、明らかに異なる河川を軸にした地域です。

渝水付近に住む「巴郡閬中夷」がどのように「巴西宕渠人」となったのか。

実は閬水は一般に羌水や西漢水と呼ばれ、

『水経注』巻三十三、江水
又東北至巴郡江州縣東,强水、涪水、漢水、白水、宕渠水,五水合,南流注之。
<强水,即羌水也。宕渠水,即潛水、渝水矣。>

宕渠水は潜水や「渝水」とも言われました。

『読史方輿紀要』巻六十八、四川三、保寧府、広安州、渠県
宕渠城<縣東北七十里。漢置縣,屬巴郡,後漢因之。應劭曰:「石過水為宕,水所蓄為渠,故縣以是名。」劉先主嘗分巴郡之宕渠、宣漢、漢昌三縣置宕渠郡,晉省入巴西郡,惠帝復分巴西置宕渠郡。>

宕渠県が置かれたのはの時であり、「巴郡閬中夷」と呼ばれた劉邦時代ではまだ宕渠が閬中の領域に含まれていたのでしょう。
「宕渠」県の由来は「石過水為『宕』」「水所蓄為『渠』」と応劭先生は述べていますが、「洞穴(宕)の首領(渠)の地」ぐらいのニュアンスかもしれませんね。
(閬中の南の「安漢」県もが置いたものであり、の時よりも細かく統治するようになったのでしょう)

『華陽国志』巻一、巴志、宕渠郡
長老言:「宕渠蓋為故賨國。今有賨城、盧城。」秦始皇時,有長人二十五丈見宕渠。秦史胡母敬曰:「是後五百年外,必有異人為大人者。」及雄之王,祖世出自宕渠,有識者皆以為應之。

この宕渠は「賨城」が残っており、かつて賨の国があったと言われる土地でした。
また、始皇帝の時に25丈(約60メートル!)の巨人が宕渠に現れたことで「500年後には異人から大人物(皇帝)が出るだろう」と予言する者がいました。

そして宕渠人の子孫である李雄が王となったことで予言が成就されました。

タグ:成漢 蜀漢 地理

蜀漢≒蜀漢

蜀漢について正史で「蜀漢」と書く時があります。

『三国志』巻四十八、孫皓伝、元興元年、注
漢晉春秋載晉文王與晧書曰:「(中略)方今主上聖明,覆幬無外,僕備位宰輔,屬當國重。唯華夏乖殊,方隅圮裂,六十餘載,金革亟動,無年不戰,暴骸喪元,困悴罔定,每用悼心,坐以待旦。將欲止戈興仁,為百姓請命,故分命偏師,平定蜀漢,役未經年,全軍獨克。(中略)」

晋王司馬昭の皇帝孫皓に送った手紙にある蜀漢平定を命じて1年経たずに達成したという文中で「平定蜀漢」とあります。

『三国志』巻三十五、諸葛亮伝、注引『黙記』
昔樂毅以弱燕之眾,兼從五國之兵,長驅彊齊,下七十餘城。今蜀漢之卒,不少燕軍,君臣之接,信於樂毅,加以國家為脣齒之援,東西相應,首尾如蛇,形勢重大,不比於五國之兵也,何憚於彼而不可哉?

また、張儼蜀漢について論じた文の中で、「今蜀漢之卒不少燕軍」と蜀漢の兵力は昔々に楽毅が率いたの軍勢ほど少なくは無いと述べています。

これだけを見ると蜀漢は当時も「蜀漢」と書かれていたように考えてしまいますが、実は「蜀漢」は蜀や漢中の地域を指す由緒ある表現です。
例えば史記にも見られ、劉邦が漢王として向かった場所、そして挙兵した場所として複数の記述があります。

『三国志』巻十、荀彧伝
彧曰:「不先取呂布,河北亦未易圖也。」太祖曰:「然。吾所惑者,又恐紹侵擾關中,亂羌、胡,南誘蜀漢,是我獨以兗、豫抗天下六分之五也。為將奈何?」

三国志でも蜀漢と関係ない事例として、197年頃の荀彧曹操の会話の中で、河北の袁紹が関中に手を広げてさらに南の「蜀漢」を引き入れることを危惧する発言があります。

つまり、劉備が立てたは現在では蜀漢とも呼ばれますが、「蜀漢」の地にあったことから当時でも「蜀漢」という表現が使われることがあったわけですね。


余談ですが、当ブログは「文中の強調箇所」の他、「人名」や「国名」を太字で示すスタイルです。そのため、本記事のタイトルは「蜀漢≒蜀漢」という表記になります。

タグ:蜀漢 後漢 地理

劉備、天下の英傑・群雄達に会う

『三国志』巻三十二、先主伝
年十五,母使行學,與同宗劉德然、遼西公孫瓚俱事故九江太守同郡盧植。(中略)而瓚深與先主相友。瓚年長,先主以兄事之。

劉備は15歳(175年)になると同郷の名臣盧植に師事し、そこで同門の公孫瓚に兄事しました。

後に盧植は「黄巾の乱」討伐(184年)の将帥に選ばれ、公孫瓚は「張純の乱」討伐(188年頃)などで活躍。これらの戦乱の中で劉備も仲間を集めて軍功を立てていました。

189年の政変をきっかけに後漢は内乱、群雄割拠の時代に突入します。
やがて幽州の公孫瓚は冀州の袁紹と河北を2分する群雄となり、また袁術と組んで中原の争いにも関わりました。
その中で青州の平原国に居た劉備公孫瓚の傘下に入り、袁紹曹操らと戦っていました(192年頃)。

『三国志』巻三十二、先主伝
曹公征徐州,徐州牧陶謙遣使告急於田楷,楷與先主俱救之。(中略)既到,謙以丹楊兵四千益先主,先主遂去楷歸謙。謙表先主為豫州刺史,屯小沛。謙病篤,謂別駕麋竺曰:「非劉備不能安此州也。」謙死,竺率州人迎先主,先主未敢當。(中略)北海相孔融謂先主曰:「袁公路豈憂國忘家者邪?冢中枯骨,何足介意。今日之事,百姓與能,天與不取,悔不可追。」先主遂領徐州。

193年に曹操の侵攻を受けた徐州牧陶謙の救援に劉備は向かうと、そのまま現地に残り、陶謙から豫州刺史に任命されます。
陶謙は徐州の外にも影響があり、長安の朝廷公認の群雄でしたが、既に老齢であり、容態が悪化すると「劉備しかこの州を安寧にできない」と述べ、彼の死後に劉備が徐州に迎えられました(194年)。
この際に袁術を代わりに挙げた劉備に反対して決意させた者が青州の北海相孔融です。
孔子の末裔にして豫州の名士として名高かった孔融は、青州で危機に陥った時に劉備に助けられており、この後に劉備から青州刺史に推薦されるなど友好的な関係にありました。
また、孔融は当時最高峰の儒学者の鄭玄を庇護し、平原相だった豫州の大物名士の陳紀とも親しく、劉備はこの頃に鄭玄陳紀共に交流がありました。ちなみに鄭玄盧植の同門です。

さて、群雄割拠の引き金となり、長安への遷都を強行していた董卓は猛将呂布に暗殺され、その残党が長安の朝廷を運用していましたが、やがて逃げられて曹操が豫州で新たな朝廷の権威者となります。

『三国志』巻七、呂布伝、注引『英雄記』
(呂)布見備,甚敬之,謂備曰:「我與卿同邊地人也。布見關東起兵,欲誅董卓。布殺卓東出,關東諸將無安布者,皆欲殺布耳。」請備于帳中坐婦牀上,令婦向拜,酌酒飲食,名備為弟。

各地を転々としていた呂布曹操に敗れて徐州に逃げ込み、劉備に受け入れられると彼を非常に慣れ親しんで弟と呼んだという話が残っていますが、結局196年に徐州を奪いました。

『三国志』巻三十二、先主伝
曹公自出東征,助先主圍布於下邳,生禽布。先主復得妻子,從曹公還許。表先主為左將軍,禮之愈重,出則同輿,坐則同席。

劉備は今度は曹操の傘下に入り、198年に共に徐州で呂布を滅ぼすと、曹操から左将軍に任命され、また非常に礼遇されて出かける時は同乗し、酒宴では同じ席を使ったほどでした。

ところが、公孫瓚を平定したばかりの袁紹との決戦を迎えた曹操に対し、劉備曹操誅殺を計画して逆に始末された朝臣達と通じており、離反します。

『三国志』巻三十二、先主伝
先主走青州。青州刺史袁譚,先主故茂才也,將步騎迎先主。先主隨譚到平原,譚馳使白紹。紹遣將道路奉迎,身去鄴二百里,與先主相見。

劉備は河北4州の覇者となった袁紹の陣営に投じ、そこで袁紹自ら出迎えられました。
劉備袁紹の長男の袁譚を茂才に推挙したという縁があり、また袁紹曹操との決戦に先駆けて檄文で劉備に呼びかけていました。

『三国志』巻三十二、先主伝
先主遣麋竺、孫乾與劉表相聞,表自郊迎,以上賓禮待之,益其兵,使屯新野。

200年の「官渡の戦い」で袁紹は敗れ、豫州で別働隊となっていた劉備は201年に荊州に逃れます。ここでも荊州牧の劉表自身の出迎えを受け、劉備は上賓の待遇を受けました。

劉備劉表の客将でいる間に曹操袁紹一派を滅ぼし、208年の南征と劉表の死により荊州も降伏させ、天下の大部分を手中に収めます。
それに対し、劉備は揚州の孫権と同盟し、その将帥の周瑜と共に「赤壁の戦い」で曹操を撃破しました。

『三国志』巻三十二、先主伝
先主表琦為荊州刺史,又南征四郡。武陵太守金旋、長沙太守韓玄、桂陽太守趙範、零陵太守劉度皆降。廬江雷緒率部曲數萬口稽顙。琦病死,羣下推先主為荊州牧,治公安。權稍畏之,進妹固好。先主至京見權,綢繆恩紀。

劉備はさらに劉表の長男の劉琦を荊州刺史に立て、荊州南部を制圧し、まもなく劉琦が死ぬと荊州牧になりました。ここで孫権は関係を強めようと妹を劉備と結婚させ、劉備が揚州の京城まで赴いたこともありました。
劉備は荊州で孫権の要人である周瑜魯粛と直接会っており、この京城で張昭ら幹部級にも会ったと思われます。

『三国志』巻三十二、先主伝、建安十六年
十六年,益州牧劉璋遙聞曹公將遣鍾繇等向漢中討張魯,內懷恐懼。別駕從事蜀郡張松說璋(中略)松曰:「劉豫州,使君之宗室而曹公之深讎也,善用兵,若使之討魯,魯必破。魯破,則益州彊,曹公雖來,無能為也。」璋然之,遣法正將四千人迎先主,前後賂遺以巨億計。正因陳益州可取之策。先主留諸葛亮、關羽等據荊州,將步卒數萬人入益州。至涪,璋自出迎,相見甚歡。

211年、曹操の西征を恐れた益州牧劉璋が部下を進言を受けて劉備を州に招き、頼ろうとします。この誘いに応じた劉備は益州に入ると、涪で劉璋に出迎えられ、甚だ歓待されました。
ただ、元々益州を得る計画を立てていた劉備は翌年に決裂すると劉璋を攻め、214年にその領地を制圧しました。
その過程で元群雄の馬超も傘下に加えています。

劉備は219年に曹操との戦いも制して漢中を奪い、益州全域を支配して「漢中王」に即位しましたが、同年に曹操と組んだ孫権によって荊州を失います。
そして劉備後漢が滅亡した翌年の221年に皇帝に即位し、荊州への東征に失敗した後、223年に崩御。波乱万丈の人生を終えました。


エリート出身であり、中原で四方八方の群雄と戦い、大勢力の主となった曹操は、三国志の中でも関わりのある者が最も多い人物ですが、劉備は直接会ったことのある群雄の数では超えているかもしれませんね(公孫瓚・孔融・陶謙・呂布・曹操・袁紹・劉表・孫権・劉璋)。
そう考えると、やはり劉備(と曹操)はこの時代の主役に相応しい人物でしょう。

タグ:蜀漢

劉備の従事中郎

『三国志』巻三十二、先主伝、建安二十四年
秋,羣下上先主為漢中王,表於漢帝曰:「平西將軍都亭侯臣馬超、左將軍領長史鎮軍將軍臣許靖、營司馬龐羲、議曹從事中郎軍議中郎將臣射援、軍師將軍臣諸葛亮、盪寇將軍漢壽亭侯臣關羽、征虜將軍新亭侯臣張飛、征西將軍臣黃忠、鎮遠將軍臣賴恭、揚武將軍臣法正、興業將軍臣李嚴等一百二十人上言曰:(後略)」

219年、劉備を漢中王とする上表を配下達が出しました。120人の名義中、11人の名前が記録されており、彼らが当時の上位と見て良いでしょう。
その中で4番目に載るのは、従事中郎・軍議中郎将の射援です。
(「議曹従事中郎」は「議曹従事」か「従事中郎」の間違いと思われますが、今回は「従事中郎」とします)

『三国志』巻三十二、先主伝、建安二十四年、注引『三輔決録注』
援字文雄,扶風人也。(中略)援亦少有名行,太尉皇甫嵩賢其才而以女妻之,丞相諸葛亮以援為祭酒,遷從事中郎,卒官。

射援は扶風の人で、妻が皇甫嵩の娘。後に丞相諸葛亮の祭酒や従事中郎となりました。
格の高い配下であり、上表参加者で彼より先に出るのは「元群雄の馬超」「左将軍府の長史の許靖」「司馬の龐羲」です。

『後漢書』志第二十四、百官志一、将軍
長史司馬皆一人,千石。本注曰:司馬主兵,如太尉。從事中郎二人,六百石。本注曰:職參謀議。掾屬二十九人。令史及御屬三十一人。本注曰:此皆府員職也。又賜官騎三十人,及鼓吹。

後漢における将軍の属官として、「長史」「司馬」に続く官が「従事中郎」でした。主に定員は2名。

射援以前にその従事中郎だった者は、糜竺孫乾簡雍伊籍です。

『三国志』巻三十八、麋竺伝
隨先主周旋。先主將適荊州,遣竺先與劉表相聞,以竺為左將軍從事中郎。益州既平,拜為安漢將軍,班在軍師將軍之右。

『三国志』巻三十八、孫乾伝
後隨從周旋。先主之背曹公,遣乾自結袁紹,將適荊州,乾又與麋竺俱使劉表,皆如意指。(中略)先主定益州,乾自從事中郎為秉忠將軍,見禮次麋竺,與簡雍同等。頃之,卒。

『三国志』巻三十八、簡雍伝
隨從周旋。先主至荊州,雍與麋竺、孫乾同為從事中郎,常為談客,往來使命。先主入益州,劉璋見雍,甚愛之。後先主圍成都,遣雍往說璋,璋遂與雍同輿而載,出城歸命。先主拜雍為昭德將軍。

『三国志』巻三十八、伊籍伝
伊籍字機伯,山陽人。少依邑人鎮南將軍劉表。先主之在荊州,籍常往來自託。表卒,遂隨先主南渡江,從入益州。益州既定,以籍為左將軍從事中郎,見待亞於簡雍、孫乾等。遣東使於吳,孫權聞其才辯,(中略)權甚異之。後遷昭文將軍,與諸葛亮、法正、劉巴、李嚴共造蜀科;蜀科之制,由此五人焉。

記録をまとめると、
麋竺:荊州入りの際に使者となり、左将軍従事中郎となり、益州平定後に安漢将軍を拝命。
孫乾:荊州入りの際に使者となり、益州平定後に従事中郎から秉忠将軍となる。
簡雍:荊州入りの後に麋竺孫乾と同じく従事中郎となり、益州平定後に昭徳将軍を拝命。
伊籍:荊州で劉備に仕え、益州平定後に左将軍従事中郎となり、後に昭文将軍に転任。


さて、劉備が一度に3人以上の「従事中郎」を置いていたなら問題ないですが、定員が1名~2名だったなら、この4人を上手く当てはめる必要があります。
例えば、常に定員1名なら、「従事中郎」は糜竺簡雍孫乾伊籍の順が考えられます。
孫乾伊籍は益州平定後に「従事中郎」だった記述があることと、年功序列による順番)
この場合、糜竺簡雍は従事中郎と将軍の間に、中郎将か他の左将軍府の属官(長史や司馬)だったと思われます。糜竺簡雍らは20年以上も仕えていたにも関わらず、官歴が2つしか残っておらず、記録に抜けがあるのはほぼ間違いないでしょう。


定員が2名なら、糜竺簡雍簡雍孫乾伊籍&誰か、となるのではないでしょうか。
簡雍糜竺孫乾と同時に従事中郎だった時期があったとするもの。
孫乾伝と伊籍伝を合わせると、礼遇度は糜竺簡雍孫乾伊籍であり、これは従事中郎に就任した順にも関わりがあったのではないでしょうか。


ちなみに、糜竺孫乾簡雍伊籍射援(と許靖龐羲)の共通点は、荊州人でも益州人でもないこと。
劉備は配下を荊州府や益州府の属官に任命しましたが、旧来の制度・慣習の如くそれぞれ荊州人や益州人が用いられる傾向にありました。
どちらでもない糜竺らが劉備の属官となるならば、やはり左将軍府の属官が相応しかったのでしょう。

タグ:蜀漢 後漢

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム