関羽「長生」と苻生・李暠・慕容熙

『三国志』巻三十六、関羽伝
關羽字雲長,本字長生,河東解人也。

関羽の字は「雲長」です。関雲長ここにあり!

名前と字は関係のある文字が使われることが多く(例外もありますが)、「羽」と「雲長」は繋がりがありそうな字面です。浅学な私は熟語や典拠が思いつきませんが。
ご意見募集中。

さて、関羽の本来の字は「長生」でした。長生き、長命。縁起の良さそうな名前ですね。

そして関羽の死から100年余り後、字が「長生」の大物が現れます。

『晋書』巻一百十二、苻生載記
(苻)生字長生,健第三子也。幼而無賴,祖洪甚惡之。生無一目,(中略)及長,力舉千鈞,雄勇好殺,手格猛獸,走及奔馬,擊刺騎射,冠絕一時。

前秦の2代目君主の苻生、字は「長生」。

苻生前秦を建国した氐族の苻健の三男。生まれつき片目がありませんでしたが、成人すると超人的な身体能力を持ち、武術・騎射に冠絶した武闘派となりました。

名付けに「生」と「長生」を使ったのは、生まれつき障害があったので長生きするようにという願いが込められていたのでしょうか。
あるいは幼い頃から(君主となった後も)無法で凶悪であり、祖父に嫌われ殺されかけたりしていることから、無事を願って付けたのかもしれません。
関羽由来なら面白いですね。

苻生は後に従兄弟の苻堅に殺され、前秦は名君苻堅により最盛期(と破滅)を迎えます。


苻生の父の苻健前秦を建国した頃、前涼でも「長生」が生まれます。

『北史』巻一百、序伝
子昶,字仲堅,幼有名譽,年十八而亡。建初中,追諡簡公。
涼武昭王暠字玄盛,小字長生,簡公昶之子也。遺腹而誕,祖母梁氏,親加撫育。

それこそが後に西涼を建てる李暠です。小字が「長生」。(字は玄盛)

李暠は父が数え年18歳の若さで死んだ後に生まれた遺腹の子であり、祖母によって養育されました。
小字(=幼名)の「長生」とは、そのような背景から長生きするように付けられたのでしょう。

やがて李暠は50歳の時に北涼から自立して西涼を建て、67歳まで生きました。
その後まもなく西涼は滅ぼされますが、子孫は北朝で栄え、その末裔という李淵を建てました。


そして、その李暠と同時代に君主に、小字が「長生」だった者がもう一人いました。

『魏書』巻九十五、徒何慕容廆伝、慕容熙
熙,字道文,小字長生,垂之少子也。

それが後燕4代目君主の慕容熙です。彼も小字が「長生」。(字は道文)

彼が生まれたのは苻生の50年後ですが、前秦が崩壊して各地で群雄が現れ。君主の苻堅が殺される戦乱の時代でした。
慕容熙の父の慕容垂後燕を建てて河北の争いを制しつつあり、小字の「長生」は乱世を乗り越えられるように、あるいは今後長らく繁栄するように、意味を込めて名付けたものかもしれませんね。
なお、彼ら鮮卑族は鮮卑名と呼べるような小字を付けることがありますが(父の慕容垂など)、これは漢人風です。

その後、慕容垂が亡くなり、後燕北魏に敗れて凋落する中を慕容熙は生き延び、遂に君主に擁立されましたが、失政や失策を繰り返して馮跋北燕建国者)によるクーデターで殺されました。


苻生の享年は23歳。慕容熙の享年は22歳。
彼らは字が「長生」でも長生きできなかった組ですね。
とはいえ、同じ字や小字で君主となった者が3人もいるのはかなり珍しいことでしょう。

タグ:蜀漢 前秦 西涼 後燕

十六国の漢人国家

五胡十六国時代における漢人勢力として、「安定張氏の前涼」・「隴西李氏の西涼」・「長楽馮氏の北燕」が挙げられます。

前涼西涼の家臣は記録上ほぼ漢人のみ。(「漢化した胡人」か「そこらの漢人」か判断できない者も混ざっていそうですが)

一方、北燕には「明らかに漢人でない者」が漢人と同じような地位に就いており、胡人由来の官に宗室が就いていたりもします。
また、君主の小字が「乞直伐」で漢人風ではなく、親族にも何人か漢人風ではない名前の人物がいました。
そして2代目君主の皇后は慕容氏。

北燕前涼西涼に比べて、非漢人的な特徴があり、非漢人勢力を取り込んでいた理由の一つは、その立地でしょう。

前涼は漢人国家である西晋の一地方が生き残ったもの。支配者・官僚層も中核の領民も漢人です。「現地の漢人」だけでなく、「中原から逃げ込んできた漢人」も加わって国が成り立っていました。

前秦前涼を滅ぼすと、「前秦経由で入った非漢人」が新たに支配者・官僚層を形成するようになり、「従来の領内・近隣の非漢人」にも(前涼の旧領内で)勢力を伸ばす者が現れました。
(「前秦経由で入った漢人」もいます)
後涼前秦から分離し、生き残った勢力です。他の非漢人国家と同じく、非漢人と漢人が入り混じって官僚層を形成しており、「前秦経由で入った非漢人」「従来の領内・近隣の非漢人」「現地の漢人」「中原から逃げ込んできた漢人」「前秦経由で入った漢人」全てが参画していました(非漢人が優位)。
後涼が破綻し始めると、南涼北涼が自立。どちらも「従来の領内・近隣の非漢人」が君主でしたが、北涼は当初は「前秦経由で入った漢人」を担ぎ、その後も南涼よりは漢人を取り込んだ体制でした。(また、北涼の沮渠氏は南涼の禿髪氏よりも漢化が進んでいたようですね)

西涼は敦煌の漢人に支えられた国です。かつては漢人国家の最辺境だった敦煌も、中原で非漢人が流入・伸長するようになると、逆に中原の非漢人の影響を受けにくい土地として漢人勢力を保持できたようです。漢人主体で20年余り続きましたが、膠着状態を破れず、滅亡。
西涼の勃興は前涼が滅びて20~30年経った後でしたが、(敦煌以外も含む)当地の漢人・非漢人勢力のバランスはどうだったのでしょうね。

漢人主導で前涼が保った地域でも非漢人の影響力が増大し、それが漢人主導の西涼の興亡につながったと思われます。

そして北燕
北燕の領土の昌黎・遼東は前燕前秦後秦と非漢人が主導した国によって長らく統治された地域。その期間は約100年にも及びます。前燕の初期と後秦の後期には首都も置かれていました。
また、北燕後燕の後継国家であり、建国直後は(後燕と同じように)確実に臣民・将兵共に漢人・非漢人の両方で構成されていたはずです。
(ちなみに、後趙の後継国家の冉魏は建国前から非漢人の排除を進めており、ほぼ漢人の国家でしたが、それでも最終的に臣民に非漢人が残っていました)

そのような土地で非漢人(鮮卑族など)を排除するのは無理、無謀なこと。
北燕が漢人主導の国にしては非漢人的な要素が大きかったのも当然の流れでしょう。

タグ:前涼 西涼 北燕 後涼 南涼 北涼 前燕 後燕

敦煌太守李暠2

李暠が「敦煌太守として自立」した経緯を見ると、まずベースに2段階あり、続けてまた2段階あります。

『晋書』巻八十五、涼武昭王李玄盛伝
(前略)敦煌護軍馮翊郭謙、沙州治中敦煌索仙等以玄盛溫毅有惠政,推為甯朔將軍、敦煌太守。玄盛初難之,會宋繇仕於業,告歸敦煌,言于玄盛曰:「(中略)」玄盛乃從之。尋進號冠軍,稱籓於業。業以玄盛為安西將軍、敦煌太守,領護西胡校尉。

最初が、「郭謙索仙らが李暠を寧朔将軍・敦煌太守に推戴したこと」(1-1)と「李暠宋繇の進言を容れて敦煌太守となったこと」(1-2)。
次が、「李暠が冠軍将軍を名乗ったこと」(2-1)と「段業により安西将軍・敦煌太守などに任命されたこと」(2-2)です。

(1-1)は上司にして敦煌一帯を統治していた北涼の沙州刺史の孟敏が死んだことがきっかけです。

『太平御覧』巻一百二十四、偏霸部八、李暠
崔鴻『十六国春秋・西涼録』
二年,敦煌索仙等以暠溫毅有惠政,推暠為敦煌太守。

時期は398年中。

(1-2)はその直後や同年中とも、しばらく後とも解釈できます。

『魏書』巻五十二、宋繇伝
呂光時,舉秀才,除郎中。後奔段業,業拜繇中散、常侍。繇以業無經濟遠略,西奔李暠,歷位通顯。

きっかけとなった宋繇は、当初は後涼に仕えており、397年夏頃に自立した北涼に不明な時期に合流して官位を授かり、それから君主の段業を見限って敦煌の李暠の許へ去り、遂に李暠に進言したという状況でした。
武威あたりから建康か張掖へ、さらにそこから敦煌への移動があり、それぞれ移動のきっかけがあったとすると、まずは後涼首都圏が動揺して北涼に拡大のチャンスが生じた397年秋以降、次が李暠の敦煌太守推戴があった398年のどこかでしょう。

(2-1)は経緯不明。
後に北涼が安西将軍という高位側の官を与えていることから、それだけの価値があったとすると、寧朔よりも高位の将軍号を名乗りたくなったのかもしれませんね。
それか、推戴者からイニシアチブを取ったからワンランク上げたとか。

(2-2)は段業が死ぬ400年5月よりも前ですが、最初に自立の流れとなった398年よりも後の可能性も十分にあるでしょう。

『魏書』巻九十九、私署涼王李暠伝
皇始中,呂光建康太守段業自稱涼州牧,以敦煌太守孟敏為沙州刺史,暠為效穀令。敏死,敦煌護軍郭謙等推暠為寧朔將軍、敦煌太守。業私稱涼王,暠詐臣於業,業以暠為鎮西將軍。

『魏書』では段業に従った(ふりをした)のは段業が涼王となった後としており、涼王となったのが399年2月なので、それ以降となります。
ただ、『晋書』などでは、段業は涼王に即位すると、(一度は追認した李暠に代わる)別の人物を敦煌太守に送り込もうとした事件があったとしており、この場合は即位前に李暠の敦煌太守就任が追認されていたということになるでしょう。

北涼は398年前半に後涼に勝利しますが、399年前半にまた後涼に攻められて他国に援軍を求めており、戦力的に不安があったようです。それにも関わらず、399年初頭に涼王に即位できた理由を考えてみると、李暠の動きが絡んでいる可能性が思いつきます。

例えば、
398年前半の北涼後涼の戦争中のあたりに李暠が自立、
同年後半頃に北涼が一息つくと李暠が従属を表明し、北涼が官を与えて(半自立のまま)傘下に加え、
その実績・威光拡大を背景に399年初頭に涼王即位があったという流れ。
さらに続けて後涼撃退で気を良くした北涼が敦煌の回収に乗り出そうとして索嗣を送り込み、一悶着が起きたという流れもありそうです。

李暠が敦煌太守となったことに関する情報は多いとも少ないとも言え、ある程度の根拠を出しつつ複数の解釈が可能でしょう。

タグ:北涼 西涼

敦煌太守李暠

397年に北涼の郊穀令となった李暠は善政で知られていました。また、李暠が居た敦煌郡は沙州刺史の孟敏が統治していました。

『太平御覧』巻一百二十四、偏霸部八、李暠
崔鴻『十六国春秋・西涼録』
後涼龍飛二年,建康太守段業自稱涼牧,號神璽。元年,拜暠郊穀令。二年,敦煌索仙等以暠溫毅有惠政,推暠為敦煌太守。段業復暠鎮西將軍,領護西夷校尉。

398年、敦煌の索仙らが李暠を敦煌太守に推戴し、北涼がそれを追認して鎮西将軍・領護西夷校尉にも任命しました。(なお、この官位は正確ではないようです)

この索仙らの動きは孟敏が死んだことが発端でした。

『晋書』巻八十五、涼武昭王李玄盛伝
呂光末,京兆段業自稱涼州牧,以敦煌太守趙郡孟敏為沙州刺史,署玄盛效穀令。敏尋卒,敦煌護軍馮翊郭謙、沙州治中敦煌索仙等以玄盛溫毅有惠政,推為甯朔將軍、敦煌太守。玄盛初難之,會宋繇仕於業,告歸敦煌,言于玄盛曰:「兄忘郭黁之言邪?白額駒今已生矣。」玄盛乃從之。尋進號冠軍,稱籓於業。業以玄盛為安西將軍、敦煌太守,領護西胡校尉。

主な推戴者は敦煌護軍の郭謙(馮翊人)と沙州治中の索仙(敦煌人)。敦煌の軍事と行政の重鎮。
そこへ李暠に異父弟にして敦煌の名門出身の宋繇が到着します。宋繇が敦煌に向かったのは李暠推戴を聞いてからなのか、たまたまなのか分かりませんが、宋繇の説得を受けて李暠は受け入れます。
最初の自称は寧朔将軍・敦煌太守。

398年前半は北涼後涼がまだ張掖や西郡で衝突している時期であり、この頃に李暠が勝手に敦煌太守となっていても、北涼が掣肘するのは難しかったのでしょう。(同年後半には北涼の勢力が安定しますが、後涼も内乱を平らげて主力を保持しており、予断を許さない状況でした)
李暠はまもなく冠軍将軍・敦煌太守に進号し、北涼への帰属を表明。ほとんど自立状態。
北涼はそれを受け入れ、安西将軍・敦煌太守・領護西胡校尉としました。

398年は後涼の内乱平定、北涼の新本拠の張掖一帯の確保、南涼の主要領土である嶺南の獲得、さらには西涼の基盤の成立があった年であり、早くも四涼時代の体制が整いつつありました。

タグ:西涼 北涼

王徳と孟敏と北涼史の謎3

沮渠蒙遜載記&資治通鑑で西郡制圧後に段業に降伏したとされる孟敏。

『晋書』巻八十五、涼武昭王李玄盛伝
呂光末,京兆段業自稱涼州牧,以敦煌太守趙郡孟敏為沙州刺史,署玄盛效穀令。敏尋卒,敦煌護軍馮翊郭謙、沙州治中敦煌索仙等以玄盛溫毅有惠政,推為寧朔將軍、敦煌太守。(中略)尋進號冠軍,稱藩于業。業以玄盛為安西將軍、敦煌太守,領護西胡校尉。

この孟敏は同じ晋書では李暠西涼)側の記録にも登場します。
段業が涼州牧を称すと、(段業によって)孟敏が沙州刺史とされ、李暠も效穀令とされたとあります。段業の自立と同時期のような書かれ方ですが、時間的な空白を飛ばして出来事が書かれることはよくあり、必ずしも自立直後とは限りません。
ちなみに魏書も同じ書き方。

他に頼れる記述は十六国春秋ぐらいです。幸いにも抜粋が太平御覧にあります。

『太平御覧』巻一百二十四、偏霸部八、李暠
崔鴻『十六国春秋・西涼録』
後涼龍飛二年,建康太守段業自稱涼牧,號神璽。元年,拜暠郊穀令。二年,敦煌索仙等以暠溫毅有惠政,推暠為敦煌太守。段業復暠鎮西將軍,領護西夷校尉。

段業北涼)の「神璽元年」に李暠が郊穀令となったとあります。
つまり段業の自立と同年。

李暠段業によって敦煌の県令に任命されたということは、敦煌が段業の勢力圏に入っていたことに他ならないでしょう。
したがって敦煌太守だった孟敏段業に従ったのも段業が自立した年、397年内。

そして敦煌と酒泉・建康(段業ら)の間にある晋昌に居た王徳後涼側についたままでこの事態が起きたとは思いづらく、やはり王徳も397年内に孟敏と同時期か先んじて段業側となっていたのでしょう。

おそらく段業の推戴や初期の軍事活動に大して寄与しなかった沮渠蒙遜を持ち上げるために「北涼の記録」が「確実に沮渠蒙遜の功績」である「西郡制圧」を「王徳孟敏の合流・帰順」を結びつけたため、それを参考にした史書(十六国春秋の北涼部分から、晋書の沮渠蒙遜載記、資治通鑑まで)も引きずられて「沮渠蒙遜の西郡制圧によって王徳孟敏が帰順した」という内容になったのでしょう。

沮渠蒙遜の西郡制圧」は「王徳孟敏の帰順」とは関係が無いというのが私の考えです。

タグ:北涼 西涼 後涼

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム