謝晦の一族と姻族2

謝晦の一族と姻族の系図。

謝晦一族姻族系図

追記を表示

タグ: 東晋 陳郡謝氏

謝晦の一族と姻族

姻族といえばまず妻の一族ですが、謝晦の妻の曹氏についてはほとんど情報がありません。本籍さえも不明。

次の姻族は子の配偶者。

『宋書』巻四十四、謝晦伝
至江陵,深結侍中王華,冀以免禍。二女當配彭城王義康、新野侯義賓,元嘉二年,遣妻曹及長子世休送女還京邑。

娘を彭城王劉義康と新野侯劉義賓に嫁がせており、彼らがいわゆる娘婿に該当します。
ただ、その後まもなく謝晦は討伐・誅殺され、2人の娘は共に離縁されたと思われます。
息子の妻はもとより不明。(孫以下の世代も不在)

劉義康は武帝・劉裕の四男、劉義賓劉道鄰の五男。短期間で終わったとはいえ、の皇族が姻族となりました。


その次の姻族といえば、母の一族。直系でさらに次は祖母の一族です。

『宋書』巻四十四、謝晦伝
謝晦字宣明,陳郡陽夏人也。(中略)父重,會稽王道子驃騎長史。兄絢,高祖鎮軍長史,蚤卒。


『宋書』巻五十二、袁湛伝
初,陳郡謝重,王胡之外孫,於諸舅禮敬多闕。重子絢,湛之甥也,嘗於公座陵湛,湛正色謂曰:「汝便是兩世無渭陽之情。」絢有愧色。

謝晦の父の謝重は「王胡之の外孫」、謝晦の兄の謝絢は「袁湛の外甥」です。
つまり「謝晦の祖母」=「謝重の母」=「琅邪の王胡之の娘」。
そして「謝絢謝晦の嫡母」=「謝重の正妻」=「陳郡の袁湛の姉妹」。

王胡之は名門「琅邪王氏」主流の王導の血筋ではありませんが名族であることには変わりはなく、袁湛は名門「陳郡袁氏」の中でも特に長く栄えた系統にいました。


次は兄弟姉妹の配偶者。
謝晦の兄弟の妻の情報は見つかりませんが、2人の姉の相手の記録があります。

『宋書』巻六十、荀伯子伝
荀伯子,潁川潁陰人也。祖羨,驃騎將軍。父猗,祕書郎。(中略)
伯子為世子征虜功曹,國子博士。妻弟謝晦薦達之,入為尚書左丞,出補臨川內史。

まず、荀伯子の妻弟が謝晦。つまり謝晦の姉の夫が荀伯子

『世説新語』第二、言語
謝景重女適王孝伯兒,二門公甚相愛美。謝為太傅長史,被彈;王即取作長史,帶晉陵郡。


『世説新語』第二、言語、注
謝女譜曰「重女月鏡,適王恭子愔之。」

また、謝重の娘(謝月鏡)が王恭の子(王愔之)に嫁いでいました。(王恭一家が誅殺されたのは謝晦が9歳の時であり)よって謝晦の姉の夫が王恭の子でした。

荀伯子は、かつて大名門だった「潁川荀氏」の末裔。
王恭は名門「太原王氏」かつ外戚として重用された者。


他に影響のありそうな姻族となると、父の兄弟姉妹の配偶者が挙がるでしょう。

『宋書』巻五十六、謝瞻伝
謝瞻字宣遠,一名檐字通遠,陳郡陽夏人,衞將軍晦第三兄也。(中略)瞻幼孤,叔母劉撫養有恩紀,兄弟事之,同於至親。劉弟柳為吳郡,將姊俱行,瞻不能違,解職隨從,為柳建威長史。

謝晦の兄の謝瞻の叔母が劉氏であり、その劉氏の弟が劉柳でした。
つまり「謝晦の叔父の妻」=劉氏=「劉柳の姉」。

劉柳は歴史ある名門「南陽劉氏」の出身。


やはり一流の名門の姻族も名門ばかりですね。
(ただし、それぞれ正室は名門出身者ですが、息子が必ずしも正室の血を引いているとは限りません。側室の子供だったり、記録に残らなかった先妻・後妻の子の可能性もあるでしょう)

タグ:東晋 陳郡謝氏 潁川

謝晦の病

謝晦は宋の元勲であり、初代・武帝時代の筆頭重臣の一人でした。

『宋書』巻一百、自序伝、沈林子
遭母憂,還東葬,乘輿躬幸,信使相望。葬畢,詔曰:「軍國多務,內外須才,前鎮西諮議、建威將軍、河東太守沈林子,不得遂其情事,可輔國將軍起。」林子固辭,不許,賜墨詔,朔望不復還朝,每軍國大事,輒詢問焉。時領軍將軍謝晦任當國政,晦每疾寧,輒攝林子代之。(中略)上尋不豫,被敕入侍醫藥,會疾動還外。永初三年,薨,時年四十六。

ところが謝晦は病で国政に関われないことが度々あったようで、(荊州から都に戻って来ていた)沈林子が代行したという記述があります。沈林子の記録は大げさなものばかりであり、これも胡散臭いのですが、謝晦が病気がちだったという情報から連想された逸話かもしれませんね。
その沈林子武帝が死ぬ直前に死去。

一方の謝晦武帝に後事を託された一人となり、徐羨之傅亮と共に国政のビッグスリーの一員として一層地位・権勢が高まりました。

『宋書』巻四十三、徐羨之伝、徐佩之
兄子佩之,輕薄好利,高祖以其姻戚,累加寵任,為丹陽尹,吳郡太守。景平初,以羨之秉權,頗豫政事。與王韶之、程道惠、中書舍人邢安泰、潘盛相結黨與。時謝晦久病,連灸,不堪見客。佩之等疑其託疾有異圖,與韶之、道惠同載詣傅亮,稱羨之意,欲令亮作詔誅之。亮答以為:「己等三人,同受顧命,豈可相殘戮。若諸君果行此事,便當角巾步出掖門耳。」佩之等乃止。

その景平年間、徐羨之の甥の徐佩之もまた政務に携わり、さらには徒党を組んでさらなる大権を得ようと画策していました。
当時、謝晦は長らく病にあって、客人とも会わないという生活を送っていたそうです。
そこで徐佩之は仲間と共に、謝晦が仮病の裏で不穏な企てをしているとして傅亮に誅殺の命令を出させようとする事件がありました。この時、徐佩之らは徐羨之の命令と称し、詔勅などを司っていた傅亮を動かそうとしましたが、傅亮から「我ら三人は共に顧命を受けたものであり、互いに殺し合うものか。やるなら勝手にやれ」といったセリフで拒否したため中止となりました。
(ただ、徐佩之傅亮がさらに次の文帝の時に政権返上した際には、徐佩之らの働きかけで復帰していますね。これが彼らの誅殺の原因にもなった気がしますが)

さて、中央においてまさしく権勢全盛期だったはずの謝晦ですが、その病ゆえに何かあったという逸話が2つもあります。まだ30歳余りの若さであり、働き盛りのはずです。
本当に病気がちだったのか、それとも何か意図があって邸宅に引きこもっていたのか。
想像の余地がありますね。

タグ: 陳郡謝氏

東晋の劉瑾2

『宋書』巻十六、礼志三
晉安帝義熙二年六月,白衣領尚書左僕射孔安國啟云:(中略)丁巳,詔皆白衣領職。於是博士徐乾皆免官。(中略)領司徒王謐、丹陽尹孟昶議:(中略)中領軍謝混、太常劉瑾議:(中略)太學博士徐乾議:(中略)員外散騎侍郎領著作郎徐廣議:(中略)左丞劉潤之等議:(中略)尚書奏從王謐議,以元年十月為始也。

406年6月、東晋朝廷(劉裕政権)で殷祠について侃々諤々と議論が交わされました。范泰などが免官されたり色々あった議論でしたが、ここに中々面白い人物が参加しています。
まず、宰相格の王謐。貴族中の貴族、重臣中の重臣でしたが、しっかり典礼に関する議論にも関わっていたようです。
次に義旗に参加した孟昶。寒門武人だらけの義旗参加者でしたが、孟昶はその中では毛色の違うタイプであり、「文事」絡みの議論にも顔を出していますね。
その次が謝混王謐が「琅邪王氏」筆頭格ならば、こちらは「陳郡謝氏」筆頭格。知名度の割には記録が少ない人物ですが、朝臣らしい仕事はしていたようです。

そして劉瑾。この時期の「太常の劉瑾」といえば「南陽の劉瑾」。王羲之の外孫にして謝霊運の舅。

『隋書』巻三十五、経籍志四、別集
晉太常卿劉瑾集九卷

どうやら最終官位は太常だったらしく、上記の議論からまもなく引退か死亡したのでしょう。

この劉裕政権初期の大臣はその前の桓玄時代にも重臣でした。

『晋書』巻九十九、桓玄伝
又矯詔加其相國,總百揆,封南郡、南平、宜都、天門、零陵、營陽、桂陽、衡陽、義陽、建平十郡為楚王,揚州牧,領平西將軍、豫州刺史如故,加九錫備物,楚國置丞相已下,一遵舊典。又諷天子御前殿而策授焉。玄屢偽讓,詔遣百僚敦勸,又云:「當親降鑾輿乃受命。」矯詔贈父溫為楚王,南康公主為楚王后。以平西長史劉瑾為尚書,刁逵為中領軍,王嘏為太常,殷叔文為左衞,皇甫敷為右衞,凡眾官合六十餘人,為楚官屬。玄解平西、豫州,以平西文武配相國府。

403年8月、東晋朝廷を掌握する桓玄が相国・楚王となり、楚王国の臣の人事を行った際に劉瑾が平西長史から尚書となっています。
前年に桓玄は太尉・領平西将軍・豫州刺史となり、そのまま平西将軍を兼任し続けていました。その長史ということですから、劉瑾桓玄の幕僚上位に置かれていたことになりますね。世説で話しかけられていたのもそれだけ近い関係だったからでしょう。

ところで、謝霊運は若い頃に父を亡くし、祖父も亡くなっており、父の兄弟の情報も無く、同族を頼るにしても四・五親等以上。それでも十分に同族が関わる範疇とは思いますが、母方のほうが近く、劉瑾(三親等)も関わっていたかもしれませんね。
とりあえず順調そうな劉瑾の立場は「康楽公」を引き継いだ謝霊運にとっても悪くないものだったでしょう。

タグ:東晋 陳郡謝氏

東晋の劉瑾

東晋後期に劉瑾という人物がいます。

『世説新語』第九、品藻
桓玄問劉太常曰:「我何如謝太傅?」劉答曰:「公高,太傅深。」又曰:「何如賢舅子敬?」答曰:「樝、梨、橘、柚,各有其美。

桓玄が質問を投げかけた相手の「劉太常」がその劉瑾です。

まず、註に以下の情報があります。
劉瑾集敘曰:「瑾字仲璋,南陽人。祖遐,父暢。暢娶王羲之女,生瑾。瑾有才力,歷尚書、太常卿。」
劉瑾、字は仲璋といい、南陽の人でした。祖父は劉遐、父は劉暢、そして母が王羲之の娘(つまり王羲之の外孫)。出世して尚書や太常を歴任。

あの王羲之の孫です。
桓玄が「舅の子敬(王献之)」という表現を使ったのはそのためですね。(劉瑾の母と王献之が兄弟)

ところで「謝霊運の母の劉氏」は子敬(王献之)の外甥でした。こちらも王羲之の孫。
つまり劉瑾は「謝霊運の母」と兄弟。そして謝霊運劉瑾の外甥となります。

祖父が王羲之、甥が謝霊運。凄い姻戚関係。当人の努力でも何でもありませんが。

また、「南陽の劉氏」といえば劉喬劉柳劉湛らの「南陽涅陽の劉氏」が当時において有力な一族でした。
他の方の検証などをざっと見た限り、その同族の可能性はありますね。

タグ:東晋 陳郡謝氏

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム