司馬昭と地方七百里

「司馬昭と高都侯2」や「司馬昭と晋公」で挙げた記述では、高都公も、八郡の晋公も、十郡の晋公も、全て範囲が「地方七百里」とあります。これは距離ではなく面積の気がしますが、いずれにしても実数では無いでしょうね。ちなみに高都県から四方七百里は、東が東郡(の東部)、北が太原、西が馮翊、南が南陽までです。...

司馬昭と新城侯

魏書(三国志注)の曹芳廃立の上奏に、「行征西安東將軍新城侯臣昭」という記述があります。他の郷侯はそのまま書かれているにもかかわらず、何故か郷侯として書かれていません。実は県侯だったのでしょうか?(県侯は「県」の字をよく省略します。ここの上奏でも同じ)...
タグ: 西晋前史

賈充と衛瓘2

賈充と衛瓘は探せば色々と因縁があります。以前に挙げた皇太子や皇太子妃の問題もその一つです。例えば出身地。賈充は平陽郡、衛瓘は河東郡の出身ですが、この2郡は隣り合わせで、そもそも魏の途中までは同じ河東郡の一部でした。また彼らは西晋宗室の「河内司馬氏」と同じ司州の出身であり、全国の名門の中でも皇帝一族と(地理的・社会的に)近い一族の出身ですね。次に世代。賈充は217年生まれ、衛瓘は220年生まれ。どち...
タグ:西晋

蜀の統一の三文プロット6

以前、私が趣味で作った蜀(劉備)による統一プロットの一部です。(省略・修正・加筆などがあります)「建興二年(224年)」(劉備64歳)「春」1月、魏で密告を抑制する布告。3月、諸葛亮が寡兵で南征。・馬謖・龔禄・王士・狐忠・張翼・張嶷などが従軍。・・交州(北部が拠点)の李恢・爨習・費詩や永昌郡の呂凱・王伉が呼応。「夏」孫権が張温を漢の朝廷に派遣し、張裔を開放。・まもなく国交が回復し、現状の領土が追認...
タグ:創作

敬哀皇后の不幸2

『三国志』巻三十二、先主伝(章武)三年夏四月,先主殂于永安宮。五月,後主襲位於成都,時年十七。尊皇后曰皇太后。大赦,改元。是歲魏黃初四年也。建興元年夏,牂牁太守朱褒擁郡反。先是,益州郡有大姓雍闓反,流太守張裔於吳,據郡不賓,越嶲夷王高定亦背叛。是歲,主皇后張氏。遣尚書郎鄧芝固好於吳,吳王孫權與蜀和親使聘,是歲通好。劉禅が即位したのは223年5月です。同月に皇后を皇太后に尊号していますが、皇后を立て...
タグ:蜀漢

衛瓘老奴幾破汝家

『資治通鑑』巻八十、晋紀二、咸寧四年冬,十月,徵征北大將軍衛瓘為尚書令。是時,朝野咸知太子昏愚,不堪為嗣,瓘每欲陳啟而未敢發;會侍宴陵雲臺,瓘陽醉,跪帝牀前曰:「臣欲有所啟。」帝曰:「公所言何邪﹖」瓘欲言而止者三,因以手撫牀曰:「此座可惜!」帝意悟,因謬曰:「公真大醉邪﹖」瓘於此不復有言。帝悉召東宮官屬,為設宴會,而密封尚書疑事,令太子決之。賈妃大懼,倩外人代對,多引古義。給使張泓曰:「太子不學,...
タグ:西晋

賈充と衛瓘

『晋書』巻三十一、后妃伝上、惠賈皇后初,武帝欲為太子取衞瓘女,元后納賈郭親黨之說,欲婚賈氏。帝曰:「衞公女有五可,賈公女有五不可。衞家種賢而多子,美而長白;賈家種妒而少子,醜而短黑。」元后固請,荀顗、荀勖並稱充女之賢,乃定婚。最初、武帝は皇太子妃に衛瓘の娘を考えていたとあります。これは(晋書の中でも成立が早い)「王隠の晋書」にも記載されている話です。結局、皇后や荀顗・荀勗の後押しにより賈充の娘が皇...
タグ:西晋

賈充の娘と皇太子妃

賈充の娘(賈南風)が皇太子妃となったのは泰始八年(272年)2月です。『晋書』巻三十一、后妃伝上、惠賈皇后惠賈皇后諱南風,平陽人也,小名旹。父充,別有傳。初,武帝欲為太子取衞瓘女,元后納賈郭親黨之說,欲婚賈氏。(中略)元后固請,荀顗、荀勖並稱充女之賢,乃定婚。始欲聘后妹午,午年十二,小太子一歲,短小未勝衣。更娶南風,時年十五,大太子二歲。泰始八年二月辛卯,冊拜太子妃。また、彼女は皇太子(恵帝司馬衷...
タグ:西晋

賈充の娘と司馬攸2

『晋書』巻四十、賈充伝初,文帝以景帝恢贊王業,方傳位於舞陽侯攸。充稱武帝寬仁,且又居長,有人君之德,宜奉社稷。及文帝寢疾,武帝請問後事。文帝曰:「知汝者賈公閭也。」賈充は司馬炎(武帝)を司馬昭の後継者に押し、後にその後見人のような役割を期待されていました。さて、これは264年と265年の出来事ですが、この頃(又はそれ以前)に賈充の娘が司馬攸に嫁いでいる可能性があります。そして司馬攸は司馬炎の(後継...
タグ:西晋

賈充の娘と司馬攸

賈充の長女賈褒(先妻との子)は斉王司馬攸の妃でした。『晋書』巻四十、賈充伝初,充前妻李氏淑美有才行,生二女褒、裕,褒一名荃,裕一名濬。父豐誅,李氏坐流徙。後娶城陽太守郭配女,即廣城君也。武帝踐阼,李以大赦得還,帝特詔充置左右夫人,充母亦敕充迎李氏。(中略)而荃為齊王攸妃,欲令充遣郭而還其母。(後略)さて、賈褒の母は魏で流刑にあっていましたが、西晋が建国されると大赦で帰還が許されたとあります。そして...
タグ:西晋

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム