2人のリュウイク

魏晋南北朝時代の人名は、現在の日本では漢音で読む事が多く、その場合は(或いはその場合も)同音となる人物が何人も出てきます。三国志ならば孫堅と孫権の「ソンケン」親子などが有名でしょうか。宋でもそのような事例はあります。例えば、明帝の「劉彧」と後廃帝の「劉昱」はどちらも「リュウイク」です。偶然にも二人は親子であり、共に後期の君主ですが、もう一つ特異な共通点があります。それは「イク」の漢字が「機種依存文...
タグ:

宋書紹介:順帝紀

宋書の巻十は「順帝紀」です。宋の8代目(最後)の順帝・劉準の記録で、主な範囲は在位期間の477年~479年です。順帝紀:宋の順帝の劉準は字を仲謀といい、(6代目)明帝の三男です。(初代の曾孫)泰始五年(469年)に生まれ、安成王となりました。また、(兄の)後廃帝の時に揚州刺史となりました。元徽五年(477年)七月に後廃帝が死ぬと、劉準は擁立されて即位し、改元して昇明元年としました。また、鎮軍将軍蕭...
タグ:

宋書紹介:後廃帝紀

宋書の巻九は「後廃帝紀」です。宋の7代目後廃帝・劉昱の記録で、主な範囲は在位期間の472年~477年です。後廃帝紀:宋の廃帝(後廃帝)の劉昱は字を徳融といい、(6代目)明帝の長男です。(初代の曾孫)大明七年(463年)に生まれ、泰始二年(466年)に(明帝の)皇太子に立てられました。泰豫元年(472年)四月、明帝が崩御すると皇帝に即位し、尚書令袁粲と護軍将軍褚淵が輔政しました。また、郢州刺史沈攸之...
タグ:

宋書紹介:明帝紀

宋書の巻八は「明帝紀」です。宋の6代目明帝・劉彧の記録で、主な範囲は在位期間の465年~472年です。明帝紀:宋の太宗・明帝の劉彧は字を休炳といい、(3代目)文帝の十一男です。(初代の孫)元嘉十六年(439年)に生まれ、淮陽王となり、後に湘東王に改封されました。孝武帝の頃から(主に禁軍に関わる)中護軍や衛尉となりました。景和の年(465年)に前廃帝に殺されかけますが、(逆に)腹心達が前廃帝を殺し、...
タグ:

宋書紹介:前廃帝紀

宋書の巻七は「前廃帝紀」です。宋の5代目前廃帝・劉子業の記録で、主な範囲は在位期間の464年~465年です。前廃帝紀:宋の前廃帝の劉子業は(4代目)孝武帝の長男です。(初代の曾孫)元嘉二十六年(449年)に生まれ、孝武帝が即位すると皇太子に立てられました(453年)。大明八年(465年)閏五月、孝武帝が崩御すると皇帝に即位します。(孝武帝の)孝建以降の制度変更を(文帝の)元嘉のものに戻しました。皇...
タグ:

宋書紹介:孝武帝紀

宋書の巻六は「孝武帝紀」です。宋の4代目孝武帝・劉駿の記録で、主な範囲は在位期間の453年~464年です。孝武帝紀:宋の世祖・孝武帝の劉駿は字を休龍といい、(3代目)文帝の三男です。(初代の孫)元嘉七年(430年)に生まれ、まもなく武陵王となりました。劉駿は南豫州・雍州・徐州などの刺史を歴任し、江州刺史となると沈慶之と共に長江流域の蛮(西陽蛮)を鎮圧しました(453年)。元嘉三十年(453年)に「...
タグ:

宋初の大赦

宋の武帝は建国以来3年連続で大赦を出しましたが、その後も大赦は連続で出されています。『南史』巻一、宋少帝紀永初三年五月癸亥,武帝崩,是日太子即皇帝位,大赦,制服三年,尊皇太后曰太皇太后。(中略)景平元年春正月己亥朔,大赦,改元,文武賜位二等。まず、少帝が即位した時、そして翌年(423年)に改元した時。『南史』巻一、宋少帝紀元嘉元年秋八月丁酉,皇帝即位于中堂,備法駕入宮,御太極前殿,大赦,改元,文武...
タグ:

武帝の3大赦

全国的な恩赦である「大赦」。これは即位や改元、立皇太子などの慶事や節目に行われることが多く、国の安定などに用いられていますが、頻発すれば効果は薄れ、混乱さえも引き起こすでしょう。『南史』巻一、宋武帝紀永初元年夏六月丁卯,皇帝即位於南郊,(中略)大赦,改元。(中略)二年春正月辛酉,祀南郊,大赦。(中略)三年(中略)三月,(中略)己未,上疾瘳,大赦。宋の武帝は3年の在位期間で3回「大赦」を(各年に)出...
タグ:

宋書紹介:文帝紀

宋書の巻五は「文帝紀」です。宋の3代目文帝・劉義隆の記録で、主な範囲は在位期間の424年~453年です。文帝紀:宋の太祖・文帝の劉義隆は(初代)武帝の三男です。東晋の義熙三年(407年)に京口で生まれました。東晋では彭城県公。(末期に)都督六州諸軍事・荊州刺史となり、また宋では宜都王となりました。(兄の)少帝が廃位されると、元嘉元年(424年)八月に荊州から迎えられて皇帝に即位し、改元。(廃立を主...
タグ:

宋書紹介:少帝紀

宋書の巻四は「少帝紀」です。宋の2代目少帝・劉義符の記録で、主な範囲は在位期間の422年~424年です。少帝紀:宋の少帝の劉義符は(初代)武帝の長男です。東晋の義熙二年(406年)に京口で生まれました。(東晋で)宋(公)世子や宋(王)太子となり、武帝が即位すると皇太子に立てられました(420年)。永初三年(422年)五月、武帝が崩御すると皇帝に即位します。そして(先代からの重臣の)司空徐羨之・中書...
タグ:

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム