司馬昭の好み

決着がつかなかった「司馬昭編」の続き。さて、帝紀で明言されなかった司馬昭の性質を考える場合、彼の好みがわかればやりやすいはずです。彼はどんな人物を好んだのでしょうか。『三国志』巻二十二、陳羣伝、陳泰司馬景王、文王皆與泰親友,及沛國武陔亦與泰善。文王問陔曰:「玄伯何如其父司空也?」陔曰:「通雅博暢,能以天下聲教為己任者,不如也;明統簡至,立功立事,過之。」まず、親友の陳泰がいます。司馬師時代に地方の...
タグ:西晋前史

北史と宇文2

せっかくですから北史の引用で宇文部の台頭をみてみます。『北史』巻九十八、匈奴宇文莫槐伝匈奴宇文莫槐,出於遼東塞外,其先南單于遠屬也,世為東部大人。其語與鮮卑頗異。魏書系の列伝では宇文部は匈奴とされ、南(匈奴)単于の一族の末裔としています。また、遼東塞外におり、代々(鮮卑の)東部大人でしたが、鮮卑とは異なる言葉を話していたようです。『北史』巻九、周本紀上、太祖文帝其先出自炎帝。炎帝為黃帝所滅,子孫遁...
タグ:北周

北史と宇文

北朝を扱う北史では(当然ながら)、北周皇室の宇文氏の記録が載っており、周本紀上に先祖の拓跋部の話があります。『北史』巻九、周本紀上、太祖文帝周太祖文皇帝姓宇文氏,諱泰,字黑獺,代郡武川人也。其先出自炎帝。炎帝為黃帝所滅,子孫遁居朔野。其後有葛烏兔者,雄武多算略,鮮卑奉以為主,遂總十二部落,世為大人。及其裔孫曰普回,因狩得玉璽三紐,文曰皇帝璽,普回以為天授,己獨異之。其俗謂天子曰「宇文」,故國號宇文...
タグ:北周

桓帝時代

道武帝以前の人物で、北魏が帝号を追尊した者は多数いますが、拓跋部や代の首領となっていない者は3名だけです。道武帝の父の献明帝(拓跋寔)、道武帝の高祖に当たる文帝(拓跋沙漠汗)、そして桓帝(拓跋猗㐌)です。拓跋猗㐌は魏書序紀にある限りでは拓跋部全体の首領になっておらず、また道武帝の直系の先祖でもないため、唯一の例外です。拓跋猗㐌の主な事績は過去の記事(特に「拓跋禄官時代」)を見ていただくとして、他の...
タグ:代国

沙漠汗の子達

拓跋沙漠汗が殺され、その子達が台頭するまでの動静は不明ですが、『魏書』巻二十三、衛操衞操,字德元,代人也。少通俠,有才略。晉征北將軍衞瓘以操為牙門將,數使於國,頗自結附。始祖崩後,與從子雄及其宗室鄉親姬澹等十數人,同來歸國,說桓穆二帝招納晉人,於是晉人附者稍眾。桓帝嘉之,以為輔相,任以國事。及劉淵、石勒之亂,勸桓帝匡助晉氏。東瀛公司馬騰聞而善之,表加將號。稍遷至右將軍,封定襄侯。拓跋力微の死後、衛...
タグ:代国

沙漠汗の死

さて、拓跋沙漠汗が讒言され、殺害された背景の一つに彼が西晋に居る間に父の側に居た他の兄弟達が寵愛を受けるようになっていたことが挙げられます。『資治通鑑』巻八十、晋紀二、咸寧三年衛瓘遣拓跋沙漠汗歸國。自沙漠汗入質,力微可汗諸子在側者多有寵。及沙漠汗歸,諸部大人共譖而殺之。既而力微疾篤,烏桓王庫賢親近用事,受衛瓘賂,欲擾動諸部,乃礪斧於庭,謂諸大人曰:「可汗恨汝曹讒殺太子,欲盡收曹長子殺之。」諸大人懼...
タグ:代国

西晋と拓跋と沙漠汗

拓跋禄官時代の前に西晋に接近していたのが拓跋力微です。『魏書』巻一、序紀、昭帝自始祖以來,與晉和好,百姓乂安,財畜富實,控弦騎士四十餘萬。261年、拓跋力微は子の拓跋沙漠汗を魏へ送ります。(なお拓跋禄官時代は290年代後半からです)『魏書』巻一、序紀、神元帝四十二年,遣子文帝如魏,且觀風土。魏景元二年也。文皇帝諱沙漠汗,以國太子留洛陽,為魏賓之冠。聘問交市,往來不絕,魏人奉遺金帛繒絮,歲以萬計。始...
タグ:代国

拓跋禄官時代4

拓跋禄官は他にも、拓跋猗㐌が司馬騰の求めで劉淵を討った時に大挙して助けたとあります。『魏書』巻一、序紀、昭帝十年,晉惠帝為成都王穎逼留在鄴。匈奴別種劉淵反於離石,自號漢王。并州刺史司馬騰來乞師,桓帝率十餘萬騎,帝亦同時大舉以助之,大破淵眾於西河、上黨。會惠帝還洛,騰乃辭師。桓帝與騰盟於汾東而還。乃使輔相衞雄、段繁,於參合陂西累石為亭,樹碑以記行焉。しかしその後に司馬騰と盟約を結んだのは拓跋猗㐌であ...
タグ:代国

拓跋と宇文の婚姻2

「拓跋と宇文の婚姻」で指摘した「祖父の妻の従姉妹を妻とすること」はありえるのでしょうか。一応、いわゆる胡人ですので、中原以上に兄弟間の年齢差や結婚時の年齢の幅が広い可能性はあるでしょう。これだけでは結論がでないので、時期の記述も見てみます。『魏書』巻一、序紀平皇帝諱綽立,章帝之少弟也。雄武有智略,威德復舉。七年,匈奴宇文部大人莫槐為其下所殺,更立莫槐弟普撥為大人。帝以女妻撥子丘不懃。帝饗國七年而崩...
タグ:代国 北周

拓跋と宇文の婚姻

下にあるのが婚姻や勢力上の関わりがあった頃の拓跋氏と宇文氏の系図です。「拓跋綽の娘を娶った宇文丘不勤」と「拓跋禄官の娘を娶った宇文遜昵延」は祖父と孫の関係ですが、拓跋綽と拓跋禄官が兄弟であるため、宇文遜昵延は「祖父の妻の従姉妹」を妻としたことになります。...
タグ:代国 北周

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム