西晋諸将の短評

「霍弋」蜀漢2世武将で初期から出仕。滅亡時に南中を率いて降伏し、西晋では獲得したばかりの交州も担当。— 魏晋南北ブログ (@GiShinNanBoku) 2016年9月4日「羅憲」蜀漢2世武将で陳寿の同門。滅亡時に巴東を守って帰順し、西晋では蜀漢遺臣の後援や対呉戦など。— 魏晋南北ブログ (@GiShinNanBoku) 2016年9月4日「王濬」西晋の平呉で活躍した老将。羊祜に協力して巴蜀で伐呉を推進し、率いた主力水軍の快進撃により呉...
タグ:西晋

伐呉反対派と平呉2

伐呉反対派トリオの賈充・荀勗・馮紞は平呉に強く反対していた一方で、大いに関わってもいます。賈充は(形の上での)総大将かつ後詰で、功績で大きな褒賞を得ています。荀勗も褒賞を得ていますね。『晋書』巻三十九、馮紞伝伐吳之役,紞領汝南太守,以郡兵隨王濬入秣陵。遷御史中丞,轉侍中。そして馮紞はなんと従軍し、相手の首都に乗り込んでいます。合流は武昌あたりの豫州軍の分兵時?『晋書』巻四十二、王濬伝濬復表曰(中略...
タグ:西晋

伐呉反対派と平呉

最終的に成功しましたが、伐呉は反対派が多かったそうです。『晋書』巻三十四、羊祜伝會秦涼屢敗,祜復表曰:「吳平則胡自定,但當速濟大功耳。」而議者多不同,祜歎曰:「天下不如意,恒十居七八,故有當斷不斷。天與不取,豈非更事者恨於後時哉!」例えば、一番の推進者だった羊祜はその状況を嘆いています。『晋書』巻三十六、張華伝初,帝潛與羊祜謀伐吳,而羣臣多以為不可,唯華贊成其計。武帝と羊祜が非公式に伐呉を計画して...
タグ:西晋

唐彬と周浚2

平呉に関する有名な話に、王濬と王渾の諍いがあります。原因の一つが、王濬と王渾がどちらも呉の首都(建業)を目指していたことです。そして2者に従軍していた者達も、その場に居たことから巻き込まれる可能性がありました。それでは、それぞれの副将格の唐彬と周浚はどうだったのでしょうか。『晋書』巻四十二、唐彬伝彬知賊寇已殄,孫晧將降,未至建鄴二百里,稱疾遲留,以示不競。果有先到者爭物,後到者爭功,于時有識莫不高...
タグ:西晋

長江鉄鎖の突破

伐呉を察知し、鉄鎖で長江防衛を試みた呉の建平太守吾彦。王濬が真っ先に攻撃をかけた建平に居ながらも堅守を貫き通し、呉滅亡まで降伏しなかったという名将です。(放置・転進されたおかげですが)『晋書』巻五十七、吾彦伝稍遷建平太守。時王濬將伐吳,造船於蜀,彥覺之,請增兵為備,晧不從,彥乃輒為鐵鎖,橫斷江路。及師臨境,緣江諸城皆望風降附,或見攻而拔,唯彥堅守,大眾攻之不能克,乃退舍禮之。王濬の造船は277年頃...
タグ:西晋

呉晋在南3将

晋書の巻五十七には3人の呉と西晋に仕えた武将が載っています。それが滕脩・陶璜・吾彦の3人です。いずれも最終的に南方を委ねられています。滕脩:字は顕先。南陽・西鄂の出身。呉・西晋の武将。平呉時に50代か60代ぐらい?呉末期の重臣。特に広州統治で評価。孫晧時代に広州刺史などを歴任し、末期に司空となるところを再び広州牧として郭馬討伐に派遣されますが、呉が滅亡。西晋でも続けて広州牧を任され、288年に死去...
タグ:西晋

陶璜と滕脩の死

陶璜の没年の推定には交州刺史の後任者である吾彦が鍵となります。吾彦の没年は308年頃~310年頃であり、『晋書』巻五十七、吾彦伝會交州刺史陶璜卒,以彥為南中都督、交州刺史。(中略)在鎮二十餘年,威恩宣著,南州寧靖。自表求代,徵為大長秋。卒於官。「20余年」も鎮にあったとあるので、素直に解釈すると280年代後半に交州に赴任したことになります。ところが吾彦は交州刺史の前に員外散騎常侍となり、その前に順...
タグ:西晋

杜預対呉民2

平呉にて荊州南部を帰服させ、後には荊州で大いに慕われるほどの善政を行った杜預。その杜預が荊州人を多数殺害した逸話があります。『晋書』巻三十四、杜預伝初,攻江陵,吳人知預病癭,憚其智計,以瓠繫狗頸示之。每大樹似癭,輒斫使白,題曰「杜預頸」。及城平,盡捕殺之。これは王隠の晋書からある逸話ですので、早い段階で史書に載せられたものですね。ここでは杜預の病・外見を揶揄した江陵の者達を、江陵を制圧した際に尽く...
タグ:西晋

杜預対呉民

『晋書』巻三十四、杜預伝及祜卒,拜鎮南大將軍、都督荊州諸軍事,給追鋒車、第二駙馬。預既至鎮,繕甲兵,耀威武,乃簡精銳,襲吳西陵督張政,大破之,以功增封三百六十五戶。政,吳之名將也,據要害之地,恥以無備取敗,不以所喪之實告于孫晧。預欲間吳邊將,乃表還其所獲之眾於晧。晧果召政,遣武昌監劉憲代之。故大軍臨至,使其將帥移易,以成傾蕩之勢。杜預は着任からまもなく呉の西陵督張政を襲撃し、大破しています。この功...
タグ:西晋

羊祜対呉民2

272年末の西陵の戦い以降も呉は何度か西晋に攻撃をかけています。『晋書』巻三、武帝紀、泰始九年秋七月丁酉朔,日有蝕之。吳將魯淑圍弋陽,征虜將軍王渾擊敗之。273年の弋陽攻撃。『晋書』巻三、武帝紀、泰始十年九月癸亥,以大將軍陳騫為太尉。攻拔吳枳里城,獲吳立信校尉莊祐。吳將孫遵、李承帥眾寇江夏,太守嵇喜擊破之。274年の江夏攻撃。『晋書』巻三、武帝紀、咸寧元年六月,鮮卑力微遣子來獻。吳人寇江夏。275...
タグ:西晋

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム