官渡&魏郡太守&冀州牧の問題2

冀州牧は董昭→賈詡という順序はほぼ確実であり、時期は200年1月の徐州・劉備討伐のタイミングでしょうか。執金吾だった期間は短そうです。問題は董昭が冀州牧となった時期です。列伝から199年4月以降となりますが、曹操がそこから射犬→敖倉→黎陽(8月)→許(9月)→官渡(12月)→徐州→東郡と移動しており、河内平定直後から曹操が冀州に一時進出した時、そこから許に戻った時、官渡に進んだ時の3度のタイミングも冀州...
タグ: 後漢

官渡&魏郡太守&冀州牧の問題1

『三国志』巻十四、董昭伝(建安)三年,昭遷河南尹。時張楊為其將楊醜所殺,楊長史薛洪、河內太守繆尚城守待紹救。太祖令昭單身入城,告喻洪、尚等,即日舉眾降。以昭為冀州牧。太祖令劉備拒袁術,(中略)備到下邳,殺徐州刺史車冑,反。太祖自征備,徙昭為徐州牧。袁紹遣將顏良攻東郡,又徙昭為魏郡太守,從討良。良死後,進圍鄴城。袁紹同族春卿為魏郡太守,(中略)鄴既定,以昭為諫議大夫。後袁尚依烏丸蹋頓,太祖將征之。患...
タグ: 後漢

曹操の魏郡太守1

魏公の曹操、魏王の曹操、どちらにしても本拠は魏国(魏郡)の鄴でした。つまり魏郡太守は河南尹や丹陽尹の如く、首都一帯の長官という他の郡守以上の存在とみなせるでしょう。幕府の長史や魏国の大臣クラスが歴代の在任者となっています。『三国志』巻十二、徐奕伝徐奕字季才,東莞人也。(中略)太祖為司空,辟為掾屬,從西征馬超。超破,軍還。時關中新服,未甚安,留奕為丞相長史,鎮撫西京,西京稱其威信。轉為雍州刺史,復還...
タグ:

順陽の范稚

『晋書』巻九十、良吏伝、范晷二子:廣、稚。『晋書』巻九十、良吏伝、范晷、范稚稚少知名,辟大將軍掾,早卒。子汪,別有傳。『晋書』巻七十五、范汪伝范汪字玄平,雍州刺史晷之孫也。父稚,蚤卒。汪少孤貧,六歲過江,依外家新野庾氏。范晷の子の范稚は情報が少なく、「范晷の子で兄弟に范広がいる」、「大将軍掾となった」、「早死して6歳以下の息子(范汪)が残された」、「新野庾氏と姻戚関係」ということぐらいしかわかりま...
タグ:西晋

范汪の生没年

『晋書』巻七十五、范汪伝范汪字玄平,雍州刺史晷之孫也。父稚,蚤卒。汪少孤貧,六歲過江,依外家新野庾氏。荊州刺史王澄見而奇之,曰:「興范族者,必是子也。」年十三,喪母,居喪盡禮,親鄰哀之。及長,好學。(中略)弱冠,至京師,屬蘇峻作難,王師敗績,汪乃遁逃西歸。庾亮、溫嶠屯兵尋陽,(中略)及汪至,嶠等訪之,汪曰:「(略)」嶠深納之。是日,護軍、平南二府禮命交至,始解褐,參護軍事。賊平,賜爵都鄉侯。(中略...
タグ:東晋

王浚対石勒2

王浚伝と資治通鑑の相違点:王浚伝では「王浚が石勒を敗走させた」ことを段文鴦によるものとしていますが、資治通鑑(石勒載記)では祁弘が段部鮮卑を率いて行ったものとしています。また、敗走先を南陽としていますが、これは資治通鑑(石勒載記)では黎陽としており、こちらが正しいでしょう。王斌死亡までの間隔も異なります。このあたりは帝紀にもあり(資治通鑑と同じ)、王浚伝は不利ですね。王浚伝では王浚が司空、段務勿塵...
タグ:西晋 後趙 太原王氏

王浚対石勒1

石勒の因縁の敵は何人かいました。建国するまでは司馬越兄弟と王浚が特に重要な敵対勢力でしょう。王浚伝の時系列。懐帝即位後、王浚は司空・領烏丸校尉となり、段務勿塵が大単于とされる。王浚は上表して段務勿塵を遼西郡公とする。永嘉中、石勒が冀州を侵略。王浚が段部鮮卑の段文鴦に討たせ、石勒は南陽に逃走。翌年、石勒は再び冀州を侵略し、冀州刺史の王斌を殺害。王浚が冀州を領す。西晋朝廷は王浚を大司馬とし、侍中・大都...
タグ:西晋 後趙 太原王氏

前趙の石勒

『晋書』巻一百四、石勒載記上時胡部大張㔨督、馮莫突等擁眾數千,壁于上黨,勒往從之,深為所昵,因說㔨督曰:「劉單于舉兵誅晉,部大距而不從,豈能獨立乎?」曰:「不能。」勒曰:「如其不能者,兵馬當有所屬。今部落皆已被單于賞募,往往聚議欲叛部大而歸單于矣,宜早為之計。」㔨督等素無智略,懼部眾之貳己也,乃潛隨勒單騎歸元海。元海署㔨督為親漢王,莫突為都督部大,以勒為輔漢將軍、平晉王以統之。勒於是命㔨督為兄,賜...
タグ:後趙 前趙

汲桑&石勒

『晋書』巻一百四、石勒載記上(前略)陽平人公師藩等自稱將軍,起兵趙魏,眾至數萬。勒與汲桑帥牧人乘苑馬數百騎以赴之。桑始命勒以石為姓,勒為名焉。藩拜勒為前隊督,從攻平昌公模於鄴。模使將軍馮嵩逆戰,敗之。藩濟自白馬而南,濮陽太守苟晞討藩斬之。勒與桑亡潛苑中,桑以勒為伏夜牙門,帥牧人劫掠郡縣繫囚,又招山澤亡命,多附勒,勒率以應之。桑乃自號大將軍,稱為成都王穎誅東海王越、東嬴公騰為名。桑以勒為前驅,屢有戰...
タグ:後趙

石勒始動

石勒の挙兵に関する主な情報は以下の通り。『晋書』巻一百四、石勒載記上既而賣與茌平人師懽為奴。(中略)懽家鄰於馬牧,與牧率魏郡汲桑往來,勒以能相馬自託於桑。(中略)遂招集王陽、夔安、支雄、冀保、吳豫、劉膺、桃豹、逯明等八騎為羣盜。後郭敖、劉徵、劉寶、張曀僕、呼延莫、郭黑略、張越、孔豚、趙鹿、支屈六等又赴之,號為十八騎。復東如赤龍、騄驥諸苑中,乘苑馬遠掠繒寶,以賂汲桑。(中略)是歲,劉元海稱漢王于黎亭...
タグ:後趙

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム