馮跋の生年考

(1)馮跋が親しくした高雲の武功は397年。馮跋は高雲を評価し、親しくしたとあるので、高雲と年が近いか年長でしょう。(目上からの対応?)397年には成人以上だった高雲と同等以上ならば、生年は370年代かそれ以前。(2)馮跋が仕えたとされる慕容宝の治世は396年~398年、慕容盛の治世は398年~401年、慕容熙の治世は401年~407年。それぞれ20歳前後以上とすると、生年が380年を超えることは...
タグ:北燕

馮跋の胡化2

『魏書』巻九十七、海夷馮跋伝海夷馮跋,字文起,小名乞直伐,本出長樂信都。慕容永僭號長子,以跋父安為將。永為垂所滅,安東徙昌黎,家于長谷。跋飲酒至一石不亂。母弟素弗,次丕,次洪,皆任俠放逸,不修行業,跋恭慎勤稼穡。既家昌黎,遂同夷俗。魏書が言うには、馮跋の父は慕容永(西燕)に仕え、西燕が慕容垂(後燕)に滅ぼされると昌黎の長谷に移住し、また昌黎で暮らしていた馮跋は、(現地の)夷狄の風俗と同じようになり...
タグ:北燕 北斉

馮跋の胡化

『魏書』巻九十七、海夷馮跋伝海夷馮跋,字文起,小名乞直伐,本出長樂信都。慕容永僭號長子,以跋父安為將。永為垂所滅,安東徙昌黎,家于長谷。跋飲酒至一石不亂。母弟素弗,次丕,次洪,皆任俠放逸,不修行業,跋恭慎勤稼穡。既家昌黎,遂同夷俗。馮跋は魏書において「既家昌黎,遂同夷俗。」と書かれています。「胡化漢人」と形容できるこの時代らしい人物です。ただ、実際にどのあたりが胡化と呼べるのか、逸話や事績では判断...
タグ:北燕 前燕 東魏 北斉

十六国の漢人国家

五胡十六国時代における漢人勢力として、「安定張氏の前涼」・「隴西李氏の西涼」・「長楽馮氏の北燕」が挙げられます。前涼と西涼の家臣は記録上ほぼ漢人のみ。(「漢化した胡人」か「そこらの漢人」か判断できない者も混ざっていそうですが)一方、北燕には「明らかに漢人でない者」が漢人と同じような地位に就いており、胡人由来の官に宗室が就いていたりもします。また、君主の小字が「乞直伐」で漢人風ではなく、親族にも何人...
タグ:前涼 西涼 北燕 後涼 南涼 北涼 前燕 後燕

北魏皇帝の字2

道武帝・拓跋珪、字は涉圭(涉珪)。明元帝・拓跋嗣、字は木末。太武帝・拓跋燾、字は佛狸(佛貍、佛釐)。景穆太子・拓跋晃、字は天真。文成帝・拓跋濬、字は烏雷直勤(烏雷直懃)。建文帝・拓跋弘、字は萬民(第豆胤)。『南斉書』では、特に言及のあった人物(木末・佛狸・萬民)はいずれも字で呼ばれています。一方、『宋書』では「嗣」と「燾」と呼ばれています。「拓跋濬」もありますね。『宋書』巻四、少帝紀、景平元年正月...
タグ:北魏 代国 後燕

北魏皇帝の字

正史『魏書』の帝紀には皇帝の字が載っていません。よく読んでいる人は太宗紀に載っていると指摘するかもしれませんが、『魏書』巻三、太宗紀、泰常七年夏四月甲戌,封皇子燾為泰平王,燾,字佛釐,拜相國,加大將軍;(後略)むしろこれを根拠に、現存の太宗紀は魏澹の『魏史』から引っ張ってきたものという説があり、原文かどうか疑われていますね。なぜ字を載せなかったのかといえば、隠したかったというのが主な理由と思われま...
タグ:北魏

北燕馮氏2

遡ること385年。東では後燕・慕容垂がまだ冀州を巡って前秦の苻丕らと争い、西では西燕が関中にて前秦と死闘を繰り広げていた頃。後燕の慕容佐と平規が幽州の王永ら前秦軍を撃破すると、王永は和龍(平州)と薊城(幽州)を焼き払い、壺関(并州・上党)に転進。(この王永らが苻丕を并州に招いたことで、慕容垂は鄴などを獲得)同じ頃、慕容農・慕容麟・慕容国が中山(後の後燕の首都)を制圧。まもなく、龍城(和龍)に入った...
タグ:北燕 後燕 北魏

北燕馮氏1

『晋書』巻一百二十五、馮跋載記馮跋字文起,長樂信都人也,小字乞直伐,其先畢萬之後也。萬之子孫有食采馮鄉者,因以氏焉。永嘉之亂,跋祖父和避地上黨。父安,雄武有器量,慕容永時為將軍。永滅,跋東徙和龍,家于長谷。幼而懿重少言,寬仁有大度,飲酒一石不亂。三弟皆任俠,不修行業,惟跋恭慎,勤於家產,父母器之。『太平御覧』巻一百二十七、偏霸部十一、北燕馮跋崔鴻『十六国春秋・北燕録』馮跋,字文起,長樂信都人。其先...
タグ:北燕

西燕と北燕4

并州に割拠した鮮卑・慕容氏の西燕には并州人も仕えていましたが、高官として目立ったのは同族や明らかに漢人でない者でした。西燕滅亡の間際に高官かつ兵を率いていたのは、慕容逸豆帰(大)・慕容鍾・慕容逸豆帰(小)・王次多・勒馬駒・刁雲・段平。『晋書』巻一百二十五、馮跋載記馮跋字文起,長樂信都人也,小字乞直伐,其先畢萬之後也。萬之子孫有食采馮鄉者,因以氏焉。永嘉之亂,跋祖父和避地上黨。父安,雄武有器量,慕容...
タグ:西燕 北燕 後燕 北魏

西燕と北燕3

391年、并州南北に割拠して6年目の西燕と北魏の間で外交革命が起きます。『魏書』二、道武帝紀、登国六年六月,慕容賀驎破賀訥於赤城。帝引兵救之,驎退走。秋七月壬申,講武於牛川,行還紐垤川。慕容垂止元觚而求名馬,帝絕之。乃遣使於慕容永,永使其大鴻臚慕容鈞奉表勸進尊號。其月,衞辰遣子直力鞮出棝楊塞,侵及黑城。九月,帝襲五原,屠之。收其積穀,還紐垤川。於棝楊塞北,樹碑記功。冬十月戊戌,北征蠕蠕,追之,及於...
タグ:西燕 北燕 東晋 後燕 北魏 夏国

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム