謝晦の妻

謝晦の妻は曹氏です。『宋書』巻四十四、謝晦伝至江陵,深結侍中王華,冀以免禍。二女當配彭城王義康、新野侯義賓,元嘉二年,遣妻曹及長子世休送女還京邑。『資治通鑑』巻一百二十、宋紀二、元嘉二年(十一月)會謝晦二女當適彭城王義康、新野侯義賓,遣其妻曹氏及長子世休送女至建康。424年、廃立に関わった謝晦は荊州刺史として地方に出たものの、なおも不安であり、色々な手を打ちました。その一つが翌425年に二人の皇族...
タグ: 東晋

孫晧と義興周氏と陳慶之

『三国志』巻四十八、孫皓伝、天璽元年鄱陽言歷陽山石文理成字,凡二十,云「楚九州渚,吳九州都,揚州士,作天子,四世治,太平始」。又吳興陽羨山有空石,長十餘丈,名曰石室,在所表為大瑞。乃遣兼司徒董朝、兼太常周處至陽羨縣,封襌國山。明年改元,大赦,以協石文。276年、呉の呉興陽羨の山中に長さ約10丈の空石、名付けて『石室』が発見されました。これは瑞祥とのこと。そこで皇帝孫晧は陽羨県に董朝と周処を遣わし、...
タグ: 西晋 地理

令和元年十一月

十一月の当ブログ記事のまとめです。「潁川名士編」と「太原王氏編」がメイン。11/1 「馮跋の胡化3」補足編5。北燕・馮跋の鮮卑化は西燕由来説。11/2 「上党馮氏(胡)」馮跋の祖父の頃に、上党に胡人の馮莫突がいたという話。11/3 「3文字の小字」3文字の「小字」の紹介。11/4 「潁川名士の源流1」潁川名士編1。潁川名士編と「潁川四長」の導入。11/5 「潁川四長、陳寔1」潁川名士編2。潁川四長...
タグ:紹介

高宝と阮放の死の謎8

列伝の阮放の享年って間違っていませんか?『晋書』巻四十九、阮籍伝、阮放到州少時,暴發渴,見寶為祟,遂卒,朝廷甚悼惜之,年四十四。追贈廷尉。列伝が言うには享年44歳。正確な没年は不明。前後関係から、320年代と推定できる程度。弟の阮裕も高名な人物ですが、生年が不明確なため絞り込みには使いにくいですね。『太平御覧』巻二百一十六、職官部十四、吏部郎中『晋中興書』阮放與從弟孚齊名,爲吏部郎,銓管之任,甚有...
タグ:東晋

高宝と阮放の死の謎7

大越史記全書を使うと王諒・梁碩に関する解釈に幅が広がります。帝紀よりも妥当かもしれません。この調子で次の記述を見てみると・・・『大越史記全書』外紀巻四、属呉晋宋斉梁紀壬午〈晉永昌元年〉,晉王敦以王諒為刺史,使攻梁碩。碩舉兵圍諒於龍編。癸未〈晉明帝紹太寧元年〉春二月,陶侃遣兵救王諒。未至,梁碩拔龍編,奪諒節。諒不與,碩斷諒左臂。諒曰:“死且不避,斷臂何為!”逾旬而卒。碩據州,凶暴失衆心。侃遣參軍高寶攻...
タグ:東晋

交州刺史の王諒4

322年に梁碩が挙兵したとすると、陶侃が送った援軍が間に合わないというのはどのような状況でしょうか。1.陶侃が援軍を送るのが遅かった。特に理由に心当たりがありません。2.梁碩が王諒を破ったのが323年5月ではない。『大越史記全書』外紀巻四、属呉晋宋斉梁紀戊寅〈東晉元帝司馬睿大興元年〉冬十月,晉帝詔加廣州刺史陶侃都督交州諸軍事。壬午〈晉永昌元年〉,晉王敦以王諒為刺史,使攻梁碩。碩舉兵圍諒於龍編。癸未...
タグ:東晋

交州刺史の王諒3

王諒が遭遇した「梁碩の乱」はいつ始まったものでしょうか。『晋書』巻六、元帝紀、永昌元年冬十月,大疫,死者十二三。己丑,都督荊梁二州諸軍事、平南將軍、荊州刺史、武陵侯王廙卒。辛卯,以下邳內史王邃為征北將軍、都督青徐幽平四州諸軍事,鎮淮陰。新昌太守梁碩起兵反。京師大霧,黑氣蔽天,日月無光。帝紀によると、交州の梁碩の挙兵は322年10月のこと。『建康実録』巻五、晋、中宗元皇帝、永昌元年冬十月,沈充陷吳國...
タグ:東晋

交州刺史の王諒2

『晋書』巻八十九、忠義伝、王諒永興三年,敦以諒為交州刺史。王諒が交州刺史になった「永興三年」っていつのことでしょうか?304年1月、西晋・恵帝の朝廷が「永安」と改元。当時の朝廷は鄴の成都王と長安の河間王に圧迫されていました。304年7月に恵帝を擁する朝廷軍が成都王を討ちますが、大敗。恵帝は鄴に連れられ、成都王により「建武」と改元されます。304年8月、今度は成都王が幽州の王浚に大敗し、恵帝を連れて...
タグ:東晋 西晋

交州刺史の王諒

『晋書』巻八十九、忠義伝、王諒王諒字幼成,丹楊人也。少有幹略,為王敦所擢,參其府事,稍遷武昌太守。初,新昌太守梁碩專威交土,迎立陶咸為刺史。咸卒,王敦以王機為刺史,碩發兵距機,自領交阯太守,乃迎前刺史修則子湛行州事。永興三年,敦以諒為交州刺史。諒將之任,敦謂曰:「修湛、梁碩皆國賊也,卿至,便收斬之。」諒既到境,湛退還九真。廣州刺史陶侃遣人誘湛來詣諒所,諒敕從人不得入閤,既前,執之。碩時在坐,曰:「...
タグ:東晋 西晋

西晋広州刺史の出身地

呉平定後、広州の長官は以下の通り。滕脩(武帝の朝廷)数代不明(朝廷)王毅(恵帝の朝廷)嵇含(未遂)王矩(恵帝の朝廷?)数代不明(朝廷)郭訥(懐帝の朝廷?)王機(現地)陶侃(王敦・元帝)交州と違い、記録の抜けが多いですね。『晋書』巻五十七、滕脩伝滕脩字顯先,南陽西鄂人也。『晋書』巻一百、王機伝王機字令明,長沙人也。父毅,廣州刺史,甚得南越之情。『晋書』巻一百、王機伝、王矩機兄矩,字令式。美姿容,每出...
タグ:西晋 東晋

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム