東魏の堯雄

『魏書』巻四十二、堯暄伝堯暄,字辟邪,上黨長子人也。本名鍾葵,後賜為暄。祖僧賴,太祖平中山,與趙郡呂舍首來歸國。暄聰了,美容貌,為千人軍將、東宮吏。高宗以其恭謹,擢為中散。奉使齊州,檢平原鎮將及長史貪暴事,推情診理,皆得其實。除太尉中給事、兼北部曹事,後轉南部。太和中,遷南部尚書。于時始立三長,暄為東道十三州使,更比戶籍。賜獨車一乘,廐馬四匹。時蕭賾遣其將陳顯達寇邊,以暄為使持節、假中護軍、都督南...
タグ:東魏 北魏 西魏 北斉 北周

元慶和の北伐

527年の北伐では陳慶之らが「渦陽の戦い」で北魏を大破した他、東西で成景儁・蘭欽や湛僧智・夏侯夔ら諸軍が勝利し、梁は複数の州を獲得・設置しました。この時に降伏した者の中に、北魏の傍流皇族の元慶和がいました。534年10月、梁はその元慶和を総大将として北伐を開始。『梁書』巻三、武帝紀下、中大通六年冬十月丁卯,以信武將軍元慶和為鎮北將軍,率眾北伐。『魏書』巻十二、孝静帝紀、天平元年十有一月,兗州刺史樊...
タグ: 東魏 北斉

陳慶之vs東魏5

536年の前半と後半に梁の陳慶之と東魏の侯景・堯雄らの攻防があったことについて、「陳慶之vs東魏3」と「陳慶之vs東魏4」でまとめました。気になるのが、それぞれの背景、関連性、そして戦果です。5月の堯雄の白苟堆占領により、陳慶之の南荊州包囲は頓挫しました。『北史』巻六、斉神武帝紀、天平三年九月辛亥,汾州胡王迢觸、曹貳龍聚眾反,署立百官,年號平都,神武討平之。その4ヶ月後に始まった侯景の南征ですが、...
タグ: 東魏 西魏

陳慶之vs東魏4

『魏書』巻九十八、島夷蕭衍伝(天平)三年五月,豫州刺史堯雄攻衍白苟堆鎮,克之,擒其北平太守苟元曠。十月,行臺侯景攻陷衍楚城,獲其楚州刺史桓和兄弟。536年5月、東魏の豫州刺史堯雄が白苟堆鎮を攻め破り北平太守苟元曠を捕らえました。10月、行台侯景が楚城を攻め落とし、楚州刺史桓和兄弟を捕らえました。東魏が梁に2連勝。『北斉書』巻二十、堯雄伝梁司州刺史陳慶之復率眾逼州城,雄出與戰,所向披靡,身被二創,壯...
タグ: 東魏

陳慶之vs東魏3

「陳慶之と東魏の戦い」の中で最も整理されているものが「楚州を落とした侯景7万の撃破」の部分です。時期は大同二年/天平三年(536年)。『資治通鑑』巻一百五十七、梁紀十三、大同二年九月,壬寅,東魏以定州刺史侯景兼尚書右僕射、南道行臺,督諸將入寇。魏以扶風王孚為司徒,斛斯椿為太傅。冬,十月,乙亥,詔大舉伐東魏。東魏侯景將兵七萬寇楚州,虜刺史桓和;進軍淮上,南、北司二州刺史陳慶之擊破之,景棄輜重走。十一...
タグ: 東魏

陳慶之vs東魏2

まず、陳慶之と東魏の「4つの戦い」の時系列を整理してみましょう。「楚州を落とした侯景7万の撃破」は陳慶之伝に「大同二年(536年)」とあり、「懸瓠・溱水・楚城の戦い」は列伝にある「中大通二年(530年)」から536年までの間の出来事となるでしょう。『資治通鑑』巻一百五十四、梁紀十、中大通二年是歲,詔以陳慶之為都督南、北司等四州諸軍事、南、北司二州刺史。慶之引兵圍魏懸瓠,破魏潁州刺史婁起等於溱水,又...
タグ: 東魏 北斉

陳慶之vs東魏1

陳慶之は洛陽を落とした北伐の後、北兗州刺史として「僧強の乱」を平定し、また司州刺史として東魏と戦いました。そして陳慶之は司州刺史のまま死去。記録上は東魏が最後に交戦した相手となるでしょう。この東魏との戦いであの侯景を破っており、一方で「堯雄に負けた」という話もあります。そんな「東魏との戦い」について見ていきましょう。『梁書』巻三十二、陳慶之伝中大通二年,除都督南北司西豫豫四州諸軍事、南北司二州刺史...
タグ: 東魏 北斉

任思祖と荘思延

『梁書』巻二十八、夏侯亶伝、夏侯夔(普通)八年,敕夔帥壯武將軍裴之禮、直閤將軍任思祖出義陽道,攻平靜、穆陵、陰山三關,克之。是時譙州刺史湛僧智圍魏東豫州刺史元慶和於廣陵,入其郛。魏將元顯伯率軍赴援,僧智逆擊破之,夔自武陽會僧智,斷魏軍歸路。慶和於內築柵以自固,及夔至,遂請降。夔讓僧智,僧智曰:「(略)」於是夔乃登城拔魏幟,建官軍旗鼓,眾莫敢妄動,慶和束兵以出,軍無私焉。凡降男女口四萬餘人,粟六十萬...
タグ: 北魏 東魏 西魏

隨郡太守の桓和

『北斉書』巻二十二、李元忠伝、李愍太昌初,除太守卿。後出為南荊州刺史、當州大都督。此州自孝昌以來,舊路斷絕,前後刺史皆從間道始得達州。愍勒部曲數千人,徑向懸瓠,從比陽復舊道,且戰且前三百餘里,所經之處,即立郵亭,蠻左大服。梁遣其南司州刺史任思祖、隨郡太守桓和等率馬步三萬,兼發邊蠻,圍逼下溠戍。愍躬自討擊,破之。詔加車騎將軍。愍於州內開立陂渠,溉稻千餘頃,公私賴之。轉行東荊州,仍除驃騎將軍、東荊州刺...
タグ: 西魏 東魏

中大通二年の人事2

陳慶之は529年までの北伐で活躍し、右衛将軍・県侯となった後、北兗州刺史となります。『梁書』巻三十二、陳慶之伝至都,仍以功除右衞將軍,封永興縣侯,邑一千五百戶。出為持節、都督緣淮諸軍事、奮武將軍、北兗州刺史。會有妖賊沙門僧強自稱為帝,土豪蔡伯龍起兵應之。僧強頗知幻術,更相扇惑,眾至三萬,攻陷北徐州,濟陰太守楊起文棄城走,鍾離太守單希寶見害,使慶之討焉。車駕幸白下臨餞,謂慶之曰:「江、淮兵勁,其鋒難...
タグ:

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム