名士荀爽

『後漢書』巻六十二、荀淑伝、荀爽後遭黨錮,隱於海上,又南遁漢濱,積十餘年,以著述為事,遂稱為碩儒。黨禁解,五府並辟,司空袁逢舉有道,不應。及逢卒,爽制服三年,當世往往化以為俗。時人多不行妻服,雖在親憂猶有弔問喪疾者,又私謚其君父及諸名士,爽皆引據大義,正之經典,雖不悉變,亦頗有改。後公車徵為大將軍何進從事中郎。進恐其不至,迎薦為侍中,及進敗而詔命中絕。党錮の禁において長らく逃亡生活を送っていた荀爽...
タグ:後漢 潁川

党人荀爽

『後漢書』巻六十二、荀淑伝、荀爽延熹九年,太常趙典舉爽至孝,拜郎中。對策陳便宜曰:(中略)一曰通怨曠,和陰陽。二曰省財用,實府藏。三曰脩禮制,綏眉壽。四曰配陽施,祈螽斯。五曰寬役賦,安黎民。此誠國家之弘利,天人之大福也。(中略)奏聞,即棄官去。後遭黨錮,隱於海上,又南遁漢濱,積十餘年,以著述為事,遂稱為碩儒。166年、荀爽は太常趙典により「至孝」に推挙され、郎中を拝命。39歳の時ですね。そこで荀爽...
タグ:後漢 潁川

若き荀爽

荀淑の子の中で最も高名だったのが荀爽です。兄弟の中では正史で唯一まともな記述(附伝)があります。『後漢書』巻六十二、荀淑伝、荀爽爽字慈明,一名諝。幼而好學,年十二,能通春秋、論語。太尉杜喬見而稱之,曰:「可為人師。」爽遂耽思經書,慶弔不行,徵命不應。潁川為之語曰:「荀氏八龍,慈明無雙。」荀爽の字は慈明。生年は128年。学問を好み、若くして『春秋』『論語』に精通し、成人してからも慶弔に出席したり仕官...
タグ:後漢 潁川

カテゴリ「後漢」及び「宋」の追加

お気づきかもしれませんが、記事が増えてきたことから、カテゴリ「三国」の下に「後漢」、カテゴリ「南朝」の下に「宋」を設置しました。分類区分がまだ定まっていないので、あっちこっち行く可能性があります。とりあえずの方針:「後漢」は後漢滅亡以前の記事。「宋」は宋に関連し、宋書以外に列伝が無い者の記事。...
タグ:通知 後漢

令和二年八月

八月の当ブログ記事のまとめです。「楊氏蒯氏編」と「宋孝武編」(実質は「宋元凶編」)がメイン。8/1 「孫晷の生没年考」東晋の孫晷は生年が306年~312年、没年が343年~349年。8/2 「孫秀から孫晷へ」孫秀と孫晷の間の世代について。8/3 「孫秀と蒯氏」楊氏蒯氏編1。孫秀と蒯氏の結婚と「先妻」の存在について。8/4 「司馬炎と蒯氏」楊氏蒯氏編2。司馬炎と蒯氏(孫秀の妻)の一族と血縁関係につい...
タグ:紹介

陳慶之の北伐(529年)まとめ

洛陽を落とした陳慶之の北伐について、いくつか記事を書きましたが繋がりがりが分かりにくそうなのでまとめておきます。「陳慶之の北伐・序章(前)」 「陳慶之の北伐」の背景、527年以前の南北朝の流れ。「陳慶之の北伐・序章(後)」 「陳慶之の北伐」の背景、528年の「河陰の変」以降の流れ。「陳慶之の北伐・本章(前)」 「陳慶之の北伐」の洛陽侵攻戦、5月の滎陽攻撃までの流れ。「陳慶之の北伐・本章(後)」 「...
タグ: 北魏

魏晋南北記事1000~1999

(これは特殊な記事です。変更する可能性があります)「魏晋南北記事1~999」(2017/12/29)「敦煌太守李暠2」(2017/12/30)「謝晦と怪異」(2017/12/31)「魏晋南北ブログ4年目」(2018/01/01)「『魏』晋南北ブログin2018」(2018/01/02)「魏『晋』南北ブログin2018」(2018/01/03)「魏晋『南』北ブログin2018」(2018/01/04...
タグ:紹介

天監攻防略史まとめ

梁の前期/全盛期である天監年間の出来事を抜粋した「天監攻防略史」とその前史となる南斉動乱略史の一覧。「南斉明帝動乱略史」 493年~497年の南斉における戦闘・反乱・粛清。「東昏侯動乱略史」 498年~501年の南斉における戦闘・反乱・粛清。「天監攻防略史1」 梁の502年~503年。陳伯之の乱・劉季連の乱。「天監攻防略史2」 梁の503年~504年。北魏の南征、司州陥落。「天監攻防略史3」 梁の...
タグ:

六朝三文雑記

六朝に関するつぶやき。南朝・宋は何度も北伐で失敗しても、北魏にボコボコにされても、忙殺される規模の内乱が起きても、前線がおおよそ維持できているのが凄いですね。東晋の後継国家らしい「大国」の風があると言えるでしょう。淮北失陥までは・・・。— 魏晋南北ブログ (@GiShinNanBoku) September 7, 2019 南斉は淮北失陥や国内の疲弊などの閉塞感のある立ち上がりから、様々な粛清や反乱を抱えつつ北魏が南征に積極な体...
タグ: 東晋 南斉

沈林子伝の地理雑考(潼関一帯)

たまにはツイッターの方のまとめ記事。沈林子伝の地理雑考。— 魏晋南北ブログ (@GiShinNanBoku) September 7, 2019 定城は潼関の少し西(華陰より東)。黄河と渭水の分岐点より西で渭水の南側。姚紹はここを拠点に糧道攻撃戦に切り替えます。— 魏晋南北ブログ (@GiShinNanBoku) September 7, 2019 姚鸞が「精兵守險」したのは潼関の南?檀道済配下と交戦していますね。その後、大路(潼関と黄河沿いの諸県をつなぐ通路...
タグ: 後秦 東晋

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム