文帝の六郷侯

「黄初の分封・分邑1」「黄初の分封・分邑2」「黄初の分封・分邑3」で扱った6人。初代三公の3人、賈詡・華歆・王朗と、初代九卿の中の大物3人、鍾繇・程昱・董昭。彼らはいずれも建国直後の段階で「郷侯」です。三公三卿「六郷侯」とでも言えましょうか。彼らは190年代から既に功績や名声があり、さらに曹操時代の重鎮から曹丕時代の重鎮まで順調にスライドできた者達でした。三国志演義でも色々出番がありますし、ゲーム...
タグ:

司空の王朗2

「司空の王朗」の続き。魏王九卿から(首尾良く?)頭一つ抜けて司空となった王朗の話。『三国志』巻十三、王朗伝文帝即王位,遷御史大夫,封安陵亭侯。上疏勸育民省刑曰:「(略)」及文帝踐阼,改為司空,進封樂平鄉侯。時帝頗出游獵,或昏夜還宮。朗上疏曰:「(略)」初,建安末,孫權始遣使稱藩,而與劉備交兵。詔議「當興師與吳并取蜀不?」朗議曰:「(略)」帝納其計。黃初中,鵜鶘集靈芝池,詔公卿舉獨行君子。朗薦光祿大...
タグ:

司徒の華歆2

「司徒の華歆」の続き。司徒となった当初は文帝から不満を持たれていたとも言われる華歆の話。『三国志』巻十三、華歆伝文帝即王位,拜相國,封安樂鄉侯。及踐阼,改為司徒。歆素清貧,祿賜以振施親戚故人,家無擔石之儲。公卿嘗並賜沒入生口,唯歆出而嫁之。帝歎息,下詔曰:「司徒,國之儁老,所與和陰陽理庶事也。今大官重膳,而司徒蔬食,甚無謂也。」特賜御衣,及為其妻子男女皆作衣服。三府議:「舉孝廉,本以德行,不復限以...
タグ:

太尉の鍾繇

賈詡の後任の太尉(2代目)は鍾繇です。『三国志』巻十三、鍾繇伝魏國初建,為大理,遷相國。文帝在東宮,賜繇五熟釜,為之銘曰:「於赫有魏,作漢藩輔。厥相惟鍾,實幹心膂。靖恭夙夜,匪遑安處。百寮師師,楷茲度矩。」數年,坐西曹掾魏諷謀反,策罷就第。文帝即王位,復為大理。及踐阼,改為廷尉,進封崇高鄉侯。鍾繇は魏王国の大理から相国になっており、曹操の家臣筆頭格でした。また太子の曹丕から五熟釜を下賜されたり、親...
タグ:

太尉の賈詡2

「太尉の賈詡」の続き。文帝・曹丕の私恩により太尉になったとも言われる賈詡の話。『三国志』巻十、賈詡伝文帝即位,以詡為太尉,進爵魏壽鄉侯,增邑三百,并前八百戶。又分邑二百,封小子訪為列侯。以長子穆為駙馬都尉。帝問詡曰:「吾欲伐不從命以一天下,吳、蜀何先?」對曰:「(略)」文帝不納。後興江陵之役,士卒多死。詡年七十七,薨,諡曰肅侯。子穆嗣,歷位郡守。まず、翌221年に三公の封邑分譲により子弟一人が列侯...
タグ:

災異策免三公の廃止

古来中国では災害や怪異が起きるのは、為政者の不徳・悪政に対する「天譴」(天罰)とみなされていました。『後漢書』巻二、明帝紀、永平十三年冬十月壬辰晦,日有食之。三公免冠自劾。制曰:「冠履勿劾。災異屢見,咎在朕躬,憂懼遑遑,未知其方。將有司陳事,多所隱諱,使君上壅蔽,下有不暢乎?昔衞有忠臣,靈公得守其位。今何以和穆陰陽,消伏災譴?刺史、太守詳刑理冤,存恤鰥孤,勉思職焉。」十一月,楚王英謀反,廢,國除,...
タグ: 後漢

令和二年九月

九月の当ブログ記事のまとめです。「宋孝武編」(実質は「宋元凶編」)と「潁川名士編」がメイン。9/1 「元凶の乱8」宋孝武編12。劉駿挙兵陣営の進軍と劉劭陣営の対応と寝返り組の話。9/2 「元凶の乱9」宋孝武編13。「新亭の戦い」と「劉義恭の帰順」。9/3 「元凶の乱10」宋孝武編14。孝武帝の挙兵、即位、そして建康攻撃前夜までの流れ。9/4 「元凶の乱11」宋孝武編15。建康攻略と「元凶の乱」の平...
タグ:紹介

楊彪と魏の太尉

『後漢書』巻五十四、楊震伝、楊彪及魏文帝受禪,欲以彪為太尉,先遣使示旨。彪辭曰:「彪備漢三公,遭世傾亂,不能有所補益。耄年被病,豈可贊惟新之朝?」遂固辭。乃授光祿大夫,賜几杖衣袍,因朝會引見,令彪著布單衣、鹿皮冠,杖而入,待以賓客之禮。年八十四,黃初六年卒于家。『後漢書』の列伝によると、魏の文帝は禅譲を受けると楊彪を太尉にしようと考え、楊彪にそのことを伝えたところ、固辞されたため、光禄大夫の位を授...
タグ: 後漢

黄初の分封・分邑3

「黄初の分封・分邑2」で取り上げた九卿「郷侯」3人、鍾繇・程昱・董昭とその分邑について掘り下げます。まず、気になるのは程昱と鍾繇が複数の親族に「分邑&列侯封爵」を行っている点。三公でさえ「封子弟各一人為列侯」なのに、なぜ彼らは複数の列侯封爵があったのでしょうか?『三国志』巻十四、董昭伝文帝即王位,拜昭將作大匠。及踐阼,遷大鴻臚,進封右鄉侯。二年,分邑百戶,賜昭弟訪爵關內侯,徙昭為侍中。(中略)明帝...
タグ:

黄初の分封・分邑2

『三国志』巻二、文帝紀、黄初二年二年春正月,郊祀天地、明堂。(中略)辛巳,分三公戶邑,封子弟各一人為列侯。建国2ヶ月後(約40日後)に三公を分邑してそれぞれ子や弟が1人列侯に封じられました。列侯になったのは、「太尉賈詡の小子」「司徒華歆の弟」「司空王朗の子(又は兄子)」。分邑した爵位は、いずれも建国前後で授かった「郷侯」。さて、三公に続く九卿も建国時に封爵があり、爵位が無かった者は「亭侯」に封じら...
タグ:

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム