蒋琬の親族

『三国志』巻四十四、蒋琬伝
蔣琬字公琰、零陵湘鄉人也。弱冠與外弟泉陵劉敏俱知名。

零陵・湘郷の蒋琬の外弟は零陵・泉陵の劉敏です。
「外兄弟」は「姑(父の姉妹)の息子」。いわゆる「いとこ」。

『三国志』巻六十一、潘濬伝、注引『江表伝』
時濬姨兄零陵蔣琬為蜀大將軍,或有閒濬於武陵太守衞旌者,云濬遣密使與琬相聞,欲有自託之計。旌以啟權,權曰:「承明不為此也。」即封旌表以示於濬,而召旌還,免官。

『三国志』巻六十一、潘濬伝
潘濬字承明,武陵漢壽人也。弱冠從宋仲子受學。

また、武陵・漢寿の潘濬から見て蒋琬は姨兄でした。
「姨兄弟」は「従母(母の姉妹)の息子」。これも「いとこ」。

つまり、以下の通り。
蒋琬系図


呉の潘濬は荊州人の中で孫権から最も重んじられた者であり、二重に姻戚となり、230年代の荊州方面の重鎮でした。
一方、蜀漢の蒋琬は230年代前半に丞相諸葛亮の留府長史として後方を統括し、230年代後半には諸葛亮の後任の宰相として国を率いました。
近い親族が隣接する国の重鎮にある状況は、やはり内通や結託の可能性が疑われるものであり、では(蜀漢の国境に隣接する)武陵郡の太守が君主にそのような情報を報告したという話もあります。ただ、君主の孫権はありえないと述べ、潘濬にその報告内容を送って見せると共に武陵太守を召喚&免官しています。

さて、「近い親族が隣接する国の重鎮にある状況」は既に諸葛瑾諸葛亮兄弟の時代にありました。その時も諸葛瑾を疑う上表がありましたが、孫権はやはり文書を諸葛瑾に送っています。讒言に応じず、信じているとの意思を示したのでしょう。

諸葛瑾諸葛亮は公私混同はしませんでしたが、手紙を送りあって交流がありました。諸葛亮諸葛瑾の長男の適正について(の陸遜)に助言したという逸話もあり、情報交換や互いへの配慮が度々行われていたと思われます。
そう考えると、諸葛亮の死後に蒋琬がトップに立つことで、蜀漢は呉の上層との私的な繋がりを再び持つことができたのは大きなメリットでしょう。

ところが、蒋琬が北伐の準備に入った矢先の239年に潘濬は死去。そして240年代には蜀漢側の動き(造船など)がから警戒を呼んだりしており、蜀漢の荊州の間で連携が取れていませんでした。このような中で蒋琬蜀漢朝廷から抑えられ、まもなく死去。
潘濬が生きていたら、この展開も変わったかもしれませんね。

タグ:蜀漢

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://gishinnanboku.blog.fc2.com/tb.php/2207-22ccc0e3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

プロフィール

三文寒士

Author:三文寒士
魏晋南北ブログへようこそ!

反応は遅いですが、ご意見・ご要望などがあれば、気軽にブログやツイッターへどうぞ

最新記事

検索フォーム